理論で読むメディア文化―「今」を理解するためのリテラシー

個数:

理論で読むメディア文化―「今」を理解するためのリテラシー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月21日 00時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784788514805
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C1036

内容説明

「今」を生きるためのツールを構想する。フーコー、ドゥルーズからスティグレール、ラトゥール、フータモなどの理論を起点に、激変する現代のメディア状況を読み解き、生きるためのツール=リテラシーを提示する。

目次

第1部 テクノロジーから「今」を読む(ミシェル・フーコーと「玉ねぎの皮」―デジタル・メディア社会の時空間構制論;ベルナール・スティグレールの「心権力」の概念―産業的資源としての「意識」をめぐる諸問題について;貨幣の非物質化―クレジットカードと認知資本主義;メディアの媒介性と、その透明性を考える―ヴィレム・フルッサーの「テクノ画像」概念を起点として)
第2部 表象から「今」を読む(マッド・サイエンティストとトポス概念―『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とメディア考古学;唯物論的時間とエージェンシー―視覚文化批判;ビデオゲームにみる現実とフィクション―イェスパー・ユール『ハーフ・リアル』を読む;ジル・ドゥルーズを読む村上春樹―『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』をめぐって;Jホラーにおける女性幽霊の眼差しとメディア―ローラ・マルヴィのフェミニスト映画理論を起点として)
第3部 社会から「今」を読む(“スペクタクル”な社会を生きる女性たちの自律化とその矛盾;お笑いの視聴における「(多様な)読み」は可能なのか―スチュアート・ホールのエンコーディング/デコーディング理論から
ヒトとモノのハイブリッドなネットワーク―「ゆるキャラ」を事例に
ショッピングモールとウェブサイトの導線設計を比較する―インターフェース・バリュー概念を手がかりに
インターネットと対人関係―若年女性のソーシャルメディア利用に関する調査から)

著者等紹介

松本健太郎[マツモトケンタロウ]
二松學舎大学文学部准教授。専門:記号論、メディア論、映像論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

◆困難な時代を生き抜くための「実践的」思想書

 活版印刷に起因するリテラシー(読み書き能力)は、デジタル・メディアやソーシャル・メディアなどの爆発的な台頭によって、いまや、メディア・リテラシー、情報リテラシー、コンピュータ・リテラシーなどとよばれ、多様な展開をしています。複雑化・高速化しつつある「今」を理解するためには、リテラシー概念そのものが変容を迫られているのです。そのようなリテラシーを我々はどうすれば得られるのか? 本書は、フーコー、スティグレール、フルッサー、ドゥルーズなどの理論を提示して、クレジットカード、ビデオゲーム、Jホラー、お笑い、ゆるキャラなどを含む、新しいメディア現象を題材に、「今」を読むためのリテラシーを掴み出そうとします。理論がいかに有効かを実演する、実践的な思想書といえましょう。

理論で読むメディア文化 目次

はしがき 松本健太郎



 第?部 テクノロジーから「今」を読む



第1章 ミシェル・フーコーと「玉ねぎの皮」

―デジタル・メディア社会の時空間構制論 水島久光

1 メタ理論のメタ理論、そしてまたその先のメタメタ…理論

2 「メディア学」の誕生

3 「侍女たち」から「近代」へ

4 その次の裂け目―テレビとマス社会という〈実定態〉

5 ベラスケスとマネ、そして桜井均―絵画空間とテレビ場

6 近代の出口における「表象」とは何か―アーカイブの問いへ

本章のまとめ ポスト近代の「表象」の主題―時間と距離との対話



第2章 ベルナール・スティグレールの「心権力」の概念

―産業的資源としての「意識」をめぐる諸問題について 谷島貫太

1 意識の流れと時間対象

2 スティグレールの文化産業論とクレーリーによる批判

3 「生権力」から「心権力」へ

4 「心権力」と産業的資源としての意識

本章のまとめ



第3章 貨幣の非物質化―クレジットカードと認知資本主義 山本泰三

1 クレジット

2 抽象と機械

3 国際ネットワークの起こり

4 システムとレント

5 情報とコントロール

本章のまとめ



第4章 メディアの媒介性と、その透明性を考える

―ヴィレム・フルッサーの「テクノ画像」概念を起点として 松本健太郎

1 映画『トゥルーマン・ショー』から考えるメディアの透明性

2 写真の透明性がもたらしたもの

3 ?無媒介性の錯視?を生成するデジタル・テクノロジー

4 視覚に紐づけられた触覚

本章のまとめ



 第?部 表象から「今」を読む



第5章 マッド・サイエンティストとトポス概念

―『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とメディア考古学 太田純貴

1 エルキ・フータモのトポス概念とメディア文化におけるマッド・サイエンティスト

2 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』におけるマッド・サイエンティスト

3 連続するマッド・サイエンティスト

4 マッド・サイエンティストの/と裂け目

本章のまとめ



第6章 唯物論的時間とエージェンシー―視覚文化批判 柿田秀樹

1 新しい唯物論にむけて

2 唯物論的転回と視覚文化の批判

3 ポストモダン芸術と唯物性―表象不可能な視覚性

4 唯物論的時間とコミュニカティヴなエージェンシー

5 主体の後に出現するエージェンシー

本章のまとめ



第7章 ビデオゲームにみる現実とフィクション

―イェスパー・ユール『ハーフ・リアル』を読む 河田 学

1 ゲームとは何か―ユールの「古典的ゲームモデル」

2 フィクションとしてのゲーム

本章のまとめ メディア技術としてのビデオゲーム



第8章 ジル・ドゥルーズを読む村上春樹

―『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』をめぐって 五井 信

1 文学研究と語り理論

2 分岐点としての〈過去〉

3 他者と出来事

4 クロノスとアイオーン

本章のまとめ



第9章 Jホラーにおける女性幽霊の眼差しとメディア

―ローラ・マルヴィのフェミニスト映画理論を起点として 鈴木 潤

1 『邪願霊』における女性幽霊の眼差し

2 メディアの変化にともなう女性幽霊の眼差しの変化―『邪願霊』から『リング』へ

3 メドゥーサとしての『リング』の女性幽霊・貞子

本章のまとめ



 第?部 社会から「今」を読む



第10章 〈スペクタクル〉な社会を生きる女性たちの自律化とその矛盾 田中東子

1 消費主体/消費客体の転覆とその波及

2 バラエティ豊かな「イケメン男性」の増殖

3 イケメン男性の消費・商品化が示す両義性

本章のまとめ



第11章 お笑いの視聴における「(多様な)読み」は可能なのか

―スチュアート・ホールのエンコーディング/デコーディング理論から 塙 幸枝

1 お笑いを「正当に」読むということ

2 現代的なバラエティ番組における「読み」の(不)可能性

3 『バリバラ』における「支配的な位置」の不明瞭性と「対抗的な位置」への拒絶感

本章のまとめ



第12章 ヒトとモノのハイブリッドなネットワーク

―「ゆるキャラ」を事例に 遠藤英樹

1 アクター・ネットワーク理論とは

2 メディア文化研究の流れ

3 「ゆるキャラ」のメディア文化論

4 ヒトとモノのハイブリッドとしての再帰的「ゆるキャラ」

本章のまとめ



第13章 ショッピングモールとウェブサイトの導線設計を比較する

―インターフェース・バリュー概念を手がかりに 大塚泰造

1 パソコンとインターネットにみる空間的隠喩

2 モールのデザイン/ウェブのデザインの歴史を比較する

3 Google以降の状況―空間的隠喩がもつ意味の変化

本章のまとめ



第14章 インターネットと対人関係

―若年女性のソーシャルメディア利用に関する調査から 天野美穂子

1 インターネット利用は対人関係や精神的健康を阻害するのか

2 日本の「インターネット・パラドクス」研究

3 インターネット(ソーシャルメディア)利用の影響―二つの調査データからの検討

本章のまとめ



事項索引

人名索引

執筆者紹介

装幀―難波園子

松本 健太郎[マツモト ケンタロウ]