揺らぐ男性のジェンダー意識―仕事・家族・介護

個数:

揺らぐ男性のジェンダー意識―仕事・家族・介護

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 204p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788512894
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C3036

内容説明

経済不況と雇用不安が強まるなかで男性たちの意識はどう変わってきたか?20~40代東京在住1523人の回答。一家のあるじとしてのプライドをもちつつ、妻の収入を期待し、自分で妻を介護したい。男性性と稼ぎ手役割の揺らぎ、パートナー選択と子育て・ケアの新たな兆しとは?雇用不安を生き抜く都市男性の動向を調査データから綿密に実証。

目次

1 雇用不安と男性性の変容(雇用不安の背景;社会変動と男性性)
2 男性意識の諸相(男性のジェンダー意識とパートナー関係;男性のジェンダー意識とリプロダクティブ・ライツ;変容する男性の子ども観―子どもをもつことの意味;「仕事と育児」バランスをめぐる男性意識―どのようにパートナーと分かち合おうとしているか;男性のジェンダー意識と介護意識)
3 揺らぐ男性の稼ぎ手役割意識(雇用不安定化のなかの男性の稼ぎ手役割意識;夫たちの「夫婦関係に関する意識」―妻の就労と夫の経済力が及ぼす影響;男性の家族扶養意識とジェンダー秩序)

著者等紹介

目黒依子[メグロヨリコ]
上智大学名誉教授。元総合人間科学部教授。Ph.D.

矢澤澄子[ヤザワスミコ]
元東京女子大学現代教養学部教授

岡本英雄[オカモトヒデオ]
上智大学名誉教授・元総合人間科学部教授。2010年9月11日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たな

0
都市部の男性を対象としたアンケートの分析。育児、介護などいくつかのテーマに沿って各担当者が分析を加えている。ただ、全体として従来のジェンダー意識が揺らいでいるということを確認しているだけともいえ、目新しさがあまりなかったところが残念。2013/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5256488

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。