“時”をつなぐ言葉―ラフカディオ・ハーンの再話文学

個数:

“時”をつなぐ言葉―ラフカディオ・ハーンの再話文学

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年05月19日 17時31分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 390p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788512528
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C1090

内容説明

ハーンはなぜ、異文化の民話や伝説を再話したのか。名作「雪女」「耳なし芳一」から「夏の日の夢」、そして珠玉のような掌編「安藝之介の夢」まで、ハーン再話文学の魅力と意味を余すところなく解き明かした力作評論。

目次

はじめに ハーンの『怪談』
第1章 “夜”のなかの“昼”―「東洋の土を踏んだ日」「盆踊り」
第2章 民話を語る母―『ユーマ』
第3章 “顔”の恐怖、“背中”の感触―「むじな」「因果話」
第4章 水鏡の中の“顔”―「茶碗の中」
第5章 世紀末“宿命の女”の変容―「雪女」
第6章 語り手の肖像―「耳なし芳一」
第7章 聖なる樹々―「青柳物語」「十六桜」
第8章 海界の風景―「夏の日の夢」
第9章 地底の青い空―「安藝之介の夢」
結び ハーンの再話文学

著者等紹介

牧野陽子[マキノヨウコ]
1953年、東京生まれ。東京大学教養学部教養学科イギリス科卒業。同大学院人文科学研究科(比較文学比較文化専攻)博士課程修了。現在、成城大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。