本を生みだす力―学術出版の組織アイデンティティ

個数:

本を生みだす力―学術出版の組織アイデンティティ

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 568p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788512214
  • NDC分類 023.1
  • Cコード C1000

内容説明

学術的知をめぐる物語を生みだし、またそれを育てていく苗床としての“本”は、どのようにして作られ、世に送り出されていくのか?出版社4社を対象とする丹念なケーススタディを通して、学術書の刊行に関わる組織的意思決定の背景と編集プロセスの諸相を浮きぼりにしていく。

目次

序章 学術コミュニケーションの危機
第1部 キーコンセプト―ゲートキーパー・複合ポートフォリオ戦略・組織アイデンティティ(知のゲートキーパーとしての出版社)
第2部 事例研究―三つのキーコンセプトを通して見る四社の事例(ハーベスト社―新たなるポートフォリオ戦略へ;新曜社―「一編集者一事業部」;有斐閣―組織アイデンティティの変容過程;東京大学出版会―自分探しの旅から「第三タイプの大学出版部」へ)
第3部 概念構築―四社の事例を通して見る三つのキーコンセプト(ゲートキーパーとしての編集者;複合ポートフォリオ戦略の創発性;組織アイデンティティのダイナミクス)
第4部 制度分析―文化生産のエコロジーとその変貌(ファスト新書の時代―学術出版をめぐる文化生産のエコロジー;学術界の集合的アイデンティティと複合ポートフォリオ戦略)

著者等紹介

佐藤郁哉[サトウイクヤ]
一橋大学商学研究科教授。1955年生まれ

芳賀学[ハガマナブ]
上智大学総合人間科学部教授。1960年生まれ

山田真茂留[ヤマダマモル]
早稲田大学文学学術院教授。1962年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。