貧困という監獄―グローバル化と刑罰国家の到来

個数:

貧困という監獄―グローバル化と刑罰国家の到来

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788511408
  • NDC分類 326.4
  • Cコード C1036

内容説明

福祉国家の解体と労働市場の規制緩和―「小さな政府」への転換は、増大する貧困層を管理する厳しい刑罰政策なしには成り立たない。変貌する現代国家の矛盾をブルデュー社会学の観点から鋭く問い直し、世界19ヶ国語に翻訳された注目の書。

目次

第1部 貧しきは罰せよ!―ヨーロッパに上陸した新しい刑罰の「常識」(マンハッタン―新しい刑罰理念の生産工場;「ゼロ・トレランス」のグローバル化;ロンドン―ネオコン・イデオロギーの中継地;ヨーロッパの輸入業者と広告代理店;ナオリベ刑罰政策を飾り立てる「学術用語」)
第2部 刑罰国家への誘惑―アメリカに魅了されるヨーロッパ(アメリカの変貌―福祉国家から刑罰国家へ;ヨーロッパの刑務所の「お得意さん」;一望監視型社会に向かって;通貨統合の次は、警察と監獄の統合か?)

著者紹介

ヴァカン,ロイック[ヴァカン,ロイック][Wacquant,Lo¨ic]
1960年フランス生まれ。現在カリフォルニア大学バークレー校社会学部教授、またパリのヨーロッパ社会学研究所(Centre de sociologie europ´eenne)研究員を兼任。学術誌Ethnography編集長も務める

森千香子[モリチカコ]
1972年東京生まれ。現在、南山大学准教授。社会学専攻

菊池恵介[キクチケイスケ]
1968年東京生まれ。現在、東京外国語大学ほか非常勤講師。哲学・社会思想史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

刑罰をめぐる新しい常識、すなわち、「貧しきを罰する」(また、これを通じて不安定雇用を常態化する)政策はどのようにアメリカで誕生し、世界に輸出されるようになったのか。これを理解するためには、さまざまな機関や行為者、言説媒体(政策顧問のメモ、委員会報告書、政府関係者による報告書、国会の議事録、専門化主催のシンポジウム、学術書や一般書、記者会見、新聞記事、テレビの報道番組など)からなる長い連鎖を細かく分析する必要がある。それは、経済の領域では「商品化」、社会の領域では「個人主義」、そして司法の領域では「貧困の処罰化」として現れる。しかし、文脈に応じて、ときには識別困難なほどに姿を変えるものの、三者は相互に補完しあう関係にある。(本文より)