“住宅”の歴史社会学―日常生活をめぐる啓蒙・動員・産業化

個数:

“住宅”の歴史社会学―日常生活をめぐる啓蒙・動員・産業化

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月13日 11時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788511279
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C3036

内容説明

私たちは、住居に何を問い、何を失ってきたのか。明治期以降の住宅言説を「商品=メディアとしての住宅」という視点から丹念に読み解き、住宅問題をとらえなおす新たな視座を提示。

目次

第1章 住居の社会学的把握(交渉過程としての住居;モノとヒト―マテリアルな交渉 ほか)
第2章 啓蒙(日常生活の焦点化;生活改良運動の展開 ほか)
第3章 動員(初期住宅調査の住居像;診断・治療・予防―都市空間のセキュリティと住居 ほか)
第4章 産業化(デザインをめぐる闘争と専門家集団;住宅手引書と体験記 ほか)
終章 日常生活批判に向けて(近代住居空間の支柱;危機の意識化と日常生活批判 ほか)

著者等紹介

祐成保志[スケナリヤスシ]
1974年大阪府生まれ。東京大学文学部卒業。同大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会学)。札幌学院大学社会情報学部助教授を経て、信州大学人文学部准教授。専攻は文化社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

鵐窟庵

4
本書は主に戦前の住宅政策を言説の面から分析している。啓蒙主義的な住宅政策は、住環境の衛生水準、生活水準の改善を図ってきたと同時に、国民の生活をいくつかの型に当てはめて、住宅を類型化し大量生産のための産業化を行った。また住環境の分析としての住み方調査に、鈴木成文と今和次郎が挙げられ、前者は定量的で都市部、後者は定性的で田舎部という対比が浮かび上がってくる。途中の住宅と恐怖は唐突に出てくるが、空部屋が多いと悪霊が取り憑くなど当時の住宅の迷信が紹介されている。惜しむらくは、戦後の住宅政策が不足している点である。2019/01/27

ftoku

1
「住宅(house)/住居(home)/住むこと(living)」を区別して、住居にまつわる言説空間を確認する2008/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/81240

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。