新聞小説の時代―メディア・読者・メロドラマ

個数:

新聞小説の時代―メディア・読者・メロドラマ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 364p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788510791
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C1095

出版社内容情報

 日清・日露戦争をとおしてジャーナリズムはめざましい発展を遂げ、「一日だけのベストセラー」である新聞というメディアは、雑誌や書物よりもはるかに大きな市場を形成していくことになる。そのさまざまな階層から構成される不特定多数の一般読者に向けて書かれた新聞小説には、いったいどのような特質があり、読者によってどのように受容されたのだろうか。また、それを掲載する新聞メディアにはどのような力学が作用しているのだろうか。(「はじめに」より)

「「時代や社会に開かれたテキスト」としての新聞小説の面白さを照らし出すのに成功している。」(土屋礼子氏評・2月10日/東京新聞)

内容説明

新聞小説が熱狂的人気を博した時代があった。紅葉『金色夜叉』、蘆花『不如帰』、漱石『虞美人草』などを取り上げ、作者・読者・メディアの「生産と享受」という視点から文学の現場を解き明かす、気鋭の意欲作。

目次

1 尾崎紅葉と新聞メディア(活字的世界における作者と読者―紅葉文学の界面;雑報記者としての紅葉―転換期の相貌;メディア・ミックスの力学―『金色夜叉』の受容空間)
2 モードとしての新聞小説(メロドラマの時代―徳富蘆花『不如帰』の受容を軸として;始源のメロドラマ―徳冨蘆花『不如帰』を読む;メロドラマの技法―夏目漱石『虞美人草』を読む)
3 新聞小説の領分(近代京都と新聞小説―泉鏡花『冠弥左衛門』をめぐって;ジャーナリズムのなかの文学―村井弦斎『日の出島』とその読者;新聞小説と挿絵―小杉天外『魔風恋風』を中心に)
4 出版文化と文学青年(『文学者となる法』と出版文化の近代;文学青年の勢力圏―『文庫』における読むことと書くこと;自己表現のネットワーク―『中学世界』投書欄を視座として;「立志」言説の変容―国木田独歩「非凡なる凡人」の受容空間)

著者等紹介

関肇[セキハジメ]
1957年、茨城県生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、京都光華女子大学准教授。専門は日本近代文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Stella

0
「金色夜叉」や「不如帰」「虞美人草」などを例に2013/11/23

rbyawa

0
j031、本の中で文学にまつわる研究の系譜が解説されている部分があり、読んでいる本と読んでいる著者さんが複数いたのだが、受容者研究のあとにテクスト論とは恐れ入った、なぜ情報皆無の方向に走ったのか、正直作品論を読んだことがあるが作品内容から経歴を構成しようとしていて度肝を抜かれた上、マシなほうと判明して辛かった。この本のような時代背景読者傾向を把握しての作品分析ならむろんいくらでも読みたい、その上で多少の結論のブレは些末だよなぁ、研究なら誰かが継ぐ。明治後期の『金色夜叉』から大雑把に投稿時代まで、良かった。2019/04/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/244955
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。