質的心理学の方法―語りをきく

個数:
  • ポイントキャンペーン

質的心理学の方法―語りをきく

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月25日 00時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 305p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788510708
  • NDC分類 140.7
  • Cコード C1011

内容説明

質的心理学の未来のスタンダードをつくることを目ざして編まれたテクスト。語り研究を中心に、基礎概念と基本技法、新しい教育法を研究の実際と実践に即して具体的に解説。

目次

第1部 質的心理学の研究デザイン(質的心理学とは;研究デザインと倫理;論文の書き方)
第2部 質的心理学の研究法(ナラティヴ研究;参与観察とインタビュー;会話分析;半構造化インタビュー;グループインタビュー;ライフストーリー・インタビュー;ライフレビュー;テクスト分析;アクションリサーチ)
第3部 質的心理学の教育法(質的心理学の教え方と学び方;ナラティヴ研究の基礎実習;フィールドワークの論文指導;協働の学びを活かした語りデータの分析合宿;教育における協働の学び;ゲーミングによる協働知の生成;ワークショップによる対話教育)

著者等紹介

やまだようこ[ヤマダヨウコ]
山田洋子。名古屋大学大学院博士課程中退。教育学博士。愛知淑徳大学、オックスフォード大学などを経て、京都大学大学院教育学研究科教授。専門は生涯発達心理学、ナラティヴ心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

【目 次】
第1部 質的心理学の研究デザイン
1質的心理学とは(やまだようこ)
2研究デザインと倫理(サトウタツヤ)
3論文の書き方(能智正博)
第2部 質的心理学の研究法
4ナラティブ研究(やまだようこ)
5参与観察とインタビュー(石井宏典)
6会話分析(松嶋秀明)
7半構造化インタビュー(徳田治子)
8グループインタビュー(田垣正晋)
9ライフヒストリー・インタビュー(やまだようこ)
10ライフレビュー(川島大輔)
11テクスト分析(松島恵介)
12アクションリサーチ(矢守克也)
第3部 質的心理学の教育法
13質的心理学の教え方と学び方(能智正博)
14ナラティブ研究の基礎実習(やまだようこ・家島明彦・塚本朱里)
15フィールドワークの論文指導(安田裕子・サトウタツヤ)
16協働の学びを活かした語りデータの分析合宿(松嶋秀明・徳田治子・荒川歩・浦田悠・やまだようこ)
17教育における協働の学び(保坂裕子)
18ゲーミングによる協働知の生成(杉浦淳吉)
19ワークショップによる対話教育(塩瀬隆之)

 この本では、心理学を中心とした「質的方法の研究法と教育法」についてできるだけスタンダードな知識と、できるだけ詳しい地図と、できるだけ具体的な道具を提供したいと考えた。・・・質的方法のなかでも、特に「ナラティブ(語り・物語)の見方と方法」について焦点をあてた。質的研究への転回が、ナラティブ・ターンと呼ばれるように、ナラティブ研究は、質的研究の中核にあると考えられる。また、心理学だけではなく、哲学、社会学、医学、看護学、人類学、文学、経済学、法学、ジェンダー学など学問横断的に大きな研究潮流となっている。新しい研究が休息に進展して、研究方法を大きく変換しつつある魅惑的な領域である。(「はじめに」より)