みんなで戦争―銃後美談と動員のフォークロア

個数:

みんなで戦争―銃後美談と動員のフォークロア

  • ウェブストアに24冊在庫がございます。(2019年05月20日 13時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 406p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787220820
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0021

内容説明

満洲事変から日中戦争へと続く戦時下の日常=銃後は、プロパガンダを意図した「愛国の物語」にあふれていた。銃後美談にこびりつく戦意高揚や動員の言葉を慎重にはぎ取り、戦時下に漂う「空気」を析出して、総力戦下の矛盾や善意という暴力を浮き彫りにする。

目次

美談の読み方―からみつくつながりと銃後
第1部 銃後美談とは何か(銃後美談集を編む;銃後美談と活字メディア;増殖する銃後美談)
第2部 銃後美談が動員する社会(応召する男たちをめぐって;納豆を売る子どもたち;妻そして母たちの銃後;モダンガールと少女たちの銃後;もう一つの銃後)
動員と「弱さ」をめぐって

著者等紹介

重信幸彦[シゲノブユキヒコ]
1959年、東京都生まれ。専攻は民俗学、口承文芸学、近代都市生活文化研究。慶應義塾大学文学部卒業、筑波大学大学院博士課程歴史人類学研究科単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

満州事変から日中戦争へと続く戦時下の日常=銃後では、プロパガンダを意図した美談が様々な団体によって作られ、新聞や雑誌は「愛国の物語」にあふれていた。



万歳三唱のなか出征する兵士、残された子を養う隣人、納豆を売って献金する子ども、夫の戦死を誇る妻、戦地の兵士を「お兄様」と呼び武運を祈る少女――。



赤誠・献身・愛国・義心など、銃後美談にこびりつく戦意高揚や動員の言葉を慎重にはぎ取り、戦時下に漂う「空気」を示す記録・資料として美談を読み替える。そして、銃後美談から、総力戦下の矛盾や人々の困難、善意という暴力、戦争のリアリティーを浮き彫りにする。



○目次

はしがき



序 章 美談の読み方――からみつくつながりと銃後



第1部 銃後美談とは何か



第1章 銃後美談集を編む

第2章 銃後美談と活字メディア

第3章 増殖する銃後美談



第2部 銃後美談が動員する社会



第4章 応召する男たちをめぐって

第5章 納豆を売る子どもたち

第6章 妻そして母たちの銃後

第7章 モダンガールと少女たちの銃後

第8章 もう一つの銃後



終 章 動員と「弱さ」をめぐって