インド・ユダヤ人の光と闇―ザビエルと異端審問・離散とカースト

個数:
  • ポイントキャンペーン

インド・ユダヤ人の光と闇―ザビエルと異端審問・離散とカースト

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月27日 05時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 280p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788509542
  • NDC分類 316.88
  • Cコード C1022

内容説明

大航海時代とザビエルらの世界布教がまきおこした全地球的規模の波動。文明の背後に伏流するキリスト教普遍主義やディアスポラの軌跡をインドの地に生きるユダヤ人たちの歴史から照らし出す。西欧の思想と文学を研究してきた二人の日本人の、思索行の軌跡。

目次

序 「エスタード・ダ・インディア」とユダヤ人の運命
第1章 インドにおけるユダヤ人の問題
第2章 「インドの使徒」ザビエルとユダヤ人
第3章 インド・ユダヤ人のアイデンティティ
第4章 コーチンのユダヤ人街から
付録 ユダヤ人の離散の軌跡―歴史地理学的な復習

著者等紹介

徳永恂[トクナガマコト]
1929年生まれ。1951年東京大学文学部卒業。62~64年フンボルト研究員としてドイツ、アドルノに師事。76年イスラエルへ研究留学。大阪大学名誉教授。哲学・社会思想史

小岸昭[コギシアキラ]
1937年生まれ。1963年京都大学文学部修士課程卒業。66~68年フランクフルト大学へ留学。京都大学名誉教授。ドイツ文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

聖人ザビエルは過酷な異端審問の先兵だった! 大航海時代とカトリックの世界布教が巻き起こした地球規模の波動、20世紀のアウシュビッツへと伏流するキリスト教普遍主義とディアスポラの軌跡をインドに生きるユダヤ人たちの歴史と今に訪ねる。

・「 東洋にキリスト教を広め、後に聖人に列せられたザビエルは、異端追求の先兵でもあった。その闇の部分を鮮やかに照らし出している。 」(長岡昇氏評 朝日新聞 11/17)