“私”という謎―自我体験の心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 218,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788508989
  • NDC分類 141.93
  • Cコード C1011

内容説明

なぜ、自分は自分に生まれたのだろう?どうして私は、今ここにいるのか?他の人も、ほんとうに自分と同じような意識をもっているのだろうか?心理学はどう答えられるのか。

目次

第1部 “私”の謎という果てなき旅へ(自我体験とは;子どもが“私”と出会うとき)
第2部 深まりゆき多岐化する“私”の謎(どうして私は私なのか―架空なんでも雑談掲示板;ぼくたちが住んでいたもう一つの世界―俯瞰の視点と独我論的体験)
第3部 紙上シンポジウム―“私”の謎の心理学(“自我の発見”の再発見;中学生の自我体験を探る;自我体験―沈思のディスコース;紙上シンポジウムへの補足とコメント;発達心理学から見た自我体験)

著者等紹介

渡辺恒夫[ワタナベツネオ]
最終学歴、京都大学大学院博士課程単位取得退学。現職、東邦大学教授。研究領域、生涯発達心理学、科学基礎論

高石恭子[タカイシキョウコ]
最終学歴、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程満期退学。現職、甲南大学文学部教授・学生相談室専任カウンセラー。研究領域、学生相談・女性の心理療法
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 ・「死生観にまで踏み込んだ本書流の新パラダイムの模索が切に求められる。」(三浦俊彦氏評 読売新聞 2004.05.30)