古いメディアが新しかった時―19世紀末社会と電気テクノロジー

個数:
  • ポイントキャンペーン

古いメディアが新しかった時―19世紀末社会と電気テクノロジー

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月16日 14時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 509p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788508682
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C1036

内容説明

19世紀後半の「電気の時代」、人々がテクノロジーに抱いた夢とは?電灯、電信、電話、ラジオなどの“新しい”メディアをめぐる騒動とその意外な使われ方のなかに、現代のニューメディア状況を逆照射する。

目次

第1章 専門家を発明する―社会的通貨としての技術リテラシー(電気技術のテクスト共同体;インサイダーとアウトサイダー ほか)
第2章 共同体と階級秩序―家庭と地域における変化(コミュニケーション・ネットワークとしての家庭と家族―身内の親密さの境界;緊張感と信頼感―アンバランスな感覚と階級意識)
第3章 身体としての電気―競合する権威と電気的時空(身体的な経験という権威;電気的に変貌する身体)
第4章 眩惑される大衆―メディア・スペクタクルの起源(拡張された対話;拡張されたスペクタクル ほか)
第5章 空間、時間、差異の制圧―文化的均質化の実験(メディアの自己中心的宇宙;未来を実現する)

著者等紹介

マーヴィン,キャロリン[マーヴィン,キャロリン][Marvin,Carolyn]
ペンシルヴァニア大学アンネンバーグ校コミュニケーション論、助教授

吉見俊哉[ヨシミシュンヤ]
1957年、東京生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学・文化研究専攻。現在、東京大学社会情報研究所教授

水越伸[ミズコシシン]
1963年、三重県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程中途退学。メディア論専攻。現在、東京大学大学院情報学環助教授

伊藤昌亮[イトウマサアキ]
1961年、栃木県生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程在籍。メディア論専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

電灯、電信、電話、ラジオなどが次々と実用化されていった時代、思いがけない変化が社会を襲い、文化の生産と消費の様式を根底から揺るがせた。意想外の珍聞、奇談を発掘して読者を愉しませつつ、現代のニューメディア状況にも多くの示唆を与える。