1948年・文部省『保育要領‐幼児教育の手びき‐』を読む

個数:
  • ポイントキャンペーン

1948年・文部省『保育要領‐幼児教育の手びき‐』を読む

  • 荒井 洌【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 新読書社(2020/06発売)
  • ブラックフライデー ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月28日 11時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 114p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788021525
  • NDC分類 376.15
  • Cコード C0037

内容説明

悲惨だった戦争が終わり、明るい青空が大きく広がり、デモクラシーの風がさわやかに流れて…そこに登場した『保育要領』(試案)この“保育ポエジー”読み返してみよう!

目次

プロローグ 『保育要領』へのいざない
1 戦前・戦中の幼児保育のありさま
2 終戦、珠玉の一編『保育要領』の誕生
3 『保育要領』の内容構成
4 教育顧問ヘレン・ヘッファーナンによる指導
5 『保育要領』が語りかける、あらまほしい保育の姿
資料 1948年・文部省『保育要領』(試案)の概要
『保育要領』発刊に至る社会の流れ(年表)
参考文献
エピローグ 保育は、人間論があってこそ

著者等紹介

荒井洌[アライキヨシ]
1939年福島県郡山市生まれ。現在、白〓大学名誉教授。NPOほいくゼミナール・21アカデミック・アドバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。