アメリカは敵か味方か―日米関係の徹底分析

個数:

アメリカは敵か味方か―日米関係の徹底分析

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 283p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787799104
  • NDC分類 319.105
  • Cコード C1036

内容説明

アメリカはいま“世界の憲兵”を気取った独善的なふるまいが目立ってきた。「日米防衛協力のための指針」関連法が成立して、完全な伴走者になりきった日本に一体どんなツケがまわされてくるのか?日米関係が絡む問題について考えるための資料集。

目次

第1章 日米関係の歩み
第2章 日米の文化と国民性の比較
第3章 太平洋戦争と日本占領政策
第4章 反共政策の推進と米ソ冷戦
第5章 世界の憲兵アメリカと謀略事件
第6章 アメリカ社会の暗い陰
第7章 日本の再生と新しい日米関係
第8章 合衆国の世界経済戦略
第9章 最近のアメリカ経済
第10章 国際社会とアメリカ合衆国
第11章 日米両国の政治姿勢の違い
第12章 人類的課題と日米両国