密林のなかの書斎―琉球弧北端の島の日常

個数:

密林のなかの書斎―琉球弧北端の島の日常

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 305p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787763105
  • NDC分類 916
  • Cコード C1039

内容説明

流球弧北端の島、トカラ平島に、“ヒッピー”ナオ(著者)は漂着した。それから30年、島は母なる存在のように、出離したナオを、かわらず抱きとめる。かつて夢みた原初の島は、いま?その“成熟”と“喪失”の時間を記録する。

目次

三日おくれで光由に本をおくる
民宿たいら荘の落成祝い
ワタンジェの家つくりの加勢
臥蛇島沖への出漁
夜闇の散歩
貴子が早々と餞別をもって来てくれる
マエノハマに流れ寄るもの
イタチで学校を建てる
ウンドウジイの命日
「本を光由に送るちゃなあ」
桃太郎の翁たち〔ほか〕