うるまの島の古層―琉球弧の村と民俗

個数:
  • ポイントキャンペーン

うるまの島の古層―琉球弧の村と民俗

  • 仲松 弥秀【著】
  • 価格 ¥2,860(本体¥2,600)
  • 梟社(1993/10発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 130pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787763068
  • NDC分類 382.199
  • Cコード C1039

内容説明

海の彼方から来訪するニライカナイの神の立ち寄る聖霊地「立神」。浜下りや虫流しなどの渚をめぐる信仰。国見神事の祖型。南島の各地につたわるオナリ神の諸相―。珊瑚の島の民俗をつぶさにたずね、神の時間から人の時間にむかって変貌する琉球弧の村の古層のたたずまいを愛惜をこめて描く、伊波普猷賞受賞の『神と村』につづく著者待望の民俗論集。

目次

第1章 うるまの島の民俗(うるまの島、沖縄;琉球弧の地名;「テラ」と「ミヤー」;「国見」の行事;オナリ神;グスクと城;「イノー」の民俗;渚の民俗)
第2章 村の構造(村と生活;沖縄の村落共同体)
第3章 沖縄文化研究の課題(琉球王国をどうみるか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Junko Yamamoto

2
沖縄旅行前の勉強。沖縄の信仰とそれ基づいた生き方がわかる。沖縄には本当の日本が残っている。2020/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2587442
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。