韓国文学セレクション<br> 詩人 白石(ペクソク)―寄る辺なく気高くさみしく

個数:

韓国文学セレクション
詩人 白石(ペクソク)―寄る辺なく気高くさみしく

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月19日 12時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 505p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787722225
  • NDC分類 929.11
  • Cコード C0097

出版社内容情報



アン・ドヒョン(安度?)[アンドヒョン]
著・文・その他

五十嵐 真希[イガラシマキ]
翻訳

内容説明

一九三〇年代、モダニズムの技法を取り入れつつも古語や方言を巧みに用い、植民地下にあっても人々の生活に息づく民族的伝統と心象の原風景を、美しい言葉遣いで詩文によみがえらせて一世を風靡した詩人、白石。南北分断後は北朝鮮の体制になじめず筆を折らざるをえなくなり、その消息は長らく不明のままとなった。本書は、韓国を代表する抒情詩人である著者が、敬愛してやまない白石の生涯を丹念に追い、小説を読むように、また白石の作品世界を深く味わえるように再構成した、決定版といえる評伝である。詩のみならず、随筆や分断後の北朝鮮で書かれた作品を多く収録しているほか、同時代を生きた詩人・作家たちの足跡も辿ることができ、資料的価値も高い。

目次

プロローグ 帰郷
第1部 詩集『鹿』の誕生まで(平安北道定州郡葛山面益城洞;五山学校時代 ほか)
第2部 咸興時代(咸興へ旅立つ;『鹿』に対する別の見方 ほか)
第3部 満州時代(満州へ旅立つ;北方にて ほか)
第4部 解放後(解放された平壌で;三十八度線を越えなかった理由 ほか)

著者等紹介

アンドヒョン[アンドヒョン]
安度〓。1961年、醴泉郡生まれ。1984年に『東亜日報』新春文芸に詩が入選し、詩壇デビュー。「詩と詩学若い詩人賞」「素月詩文学賞」「露雀文学賞」「白石文学賞」など数々の文学賞を受賞し、韓国を代表する抒情詩人。私的なことを素材とするだけでなく、韓国社会の現実を繊細に描き出す詩人としても評価されている。現在、檀国大学文芸創作科教授

五十嵐真希[イガラシマキ]
東京生まれ。早稲田大学卒業。茨木のり子著『ハングルへの旅』に感銘を受けて韓国語を学び始める。短歌結社「短歌人」会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。