韓国文学セレクション<br> イスラーム精肉店

個数:

韓国文学セレクション
イスラーム精肉店

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2022年05月25日 12時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787721235
  • NDC分類 929.13
  • Cコード C0097

出版社内容情報

〈僕は自分の体に残っている傷跡の起源を知らない。〉

「僕には故郷がない。
懐かしい原風景もなければ、見慣れたものにまつわる記憶もなかった。
だから、どこにいても僕にとっては故郷であり母国だ。
誰であろうと僕の旧友であり家族だ。」

その日、僕はこの世界を養子に迎えることにした--。

朝鮮戦争の数十年後、ソウルのイスラーム寺院周辺のみすぼらしい街。
孤児院を転々としていた少年は、精肉店を営む老トルコ人に引き取られる。
朝鮮戦争時に国連軍に従軍した老人は、休戦後も故郷に帰らず韓国に残り、敬虔なムスリムなのに豚肉を売って生計を立てている。
家族や故郷を失い、心身に深い傷を負った人たちが集う街で暮らすなかで、少年は固く閉ざしていた心の扉を徐々に開いていく。

「僕はハサンおじさんに訊きたかった。
僕の体にある傷跡は、なにを守ろうとしてできたものなの? 僕にも守るべき魂があったの?
もしあったとしたら、僕の魂はなぜいまも貧しいの? なぜ僕は肉体も魂も傷ついたの?
僕の魂は肉体を守ってやれなかったし、肉体は魂を守ってくれなかった。
ということは、僕の魂と肉体はずっとばらばらだったのだろうか--。」

韓国でロングセラー。英語版とトルコ語版も翻訳出版された話題作

内容説明

その日、僕はこの世界を養子に迎えることにした―。朝鮮戦争の数十年後、ソウルのイスラーム寺院周辺のみすぼらしい街。孤児院を転々としていた少年は、精肉店を営む老トルコ人に引き取られる。朝鮮戦争時に国連軍に従軍した老人は、休戦後も故郷に帰らず韓国に残り、敬虔なムスリムなのに豚肉を売って生計を立てている。家族や故郷を失い、心身に深い傷を負った人たちが集う街で暮らすなかで、少年は固く閉ざしていた心の扉を徐々に開いていく。

著者等紹介

ソンホンギュ[ソンホンギュ]
孫洪奎。1975年、金羅北道生まれ。東国大学国語国文学科卒業。2001年、「作家世界」新人賞を受賞し、デビュー。その後も作品を多数発表。李箱文学賞、白信愛文学賞、呉永寿文学賞などを受賞。2010年発表の『イスラーム精肉店』で老斥里平和文学賞を受賞

橋本智保[ハシモトチホ]
1972年生まれ。東京外国語大学朝鮮語科を経て、ソウル大学国語国文学科修士課程修了。朝鮮文学の訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

69
韓国文学を初めて読んだ。心や肉体に傷を抱え、貧困にあえぎ、きっと明日もあさっても変わり映えしない日常が続いていくのだろうと予感させる人々の暮らしがそこにあった。物語の中心にあるのは朝鮮戦争。住んでいる国土が直接戦争にさらされると、ここまで人は壊れてしまうのだろうか。どこか遠く感じながらも、少しは痛みを共有できたと思う。救いがあるように感じられるのは、主人公の少年が持つ独特の世界観が言い回しにあらわれているからか。読んでみてよかったと思う。わたしにとって韓国はもちろん、ほかの国の文学のハードルも下がった。2022/04/01

星落秋風五丈原

36
夜、漢江を渡ってくると、ぽつんぽつんと目立つのがネオンサインのような十字架だ。仏教よりもキリスト教人口が多いらしい。一方こちらは目立たないが、ドラマで一躍有名になった梨泰院地区に、イスラム教徒の拠り所、ソウル中央モスクがある。朝鮮戦争に国連軍として参加したトルコ軍には何人かのイマーム(イスラム教徒の集団の指導者)が従軍しており、停戦後も彼らは布教活動のために韓国に残ったのが、大韓民国におけるイスラム教布教の始まりと言われている。信者は豚肉や犬肉を食しない。にも拘わらず、僕の養父ハサンは精肉店を営む。2022/02/23

崩紫サロメ

21
朝鮮戦争に従軍し、その後も韓国に留まり精肉店を営むトルコ人のハサンおじさんと、彼に引き取られた孤児の「僕」。ソウルのゲジェコンドゥ(=イスタンブルの一夜だての貧民窟)と言われる場に集う元ギリシア兵のヤモスおじさん、食堂の主人のアンナおばさん、戦争によって負った傷、それによる貧困、それでも失われない他者への愛が描かれる。ヤモスおじさんは「俺の犯した最大の過ちは、戦争を逃げ場にしてしまったことだ」と語る。この度のウクライナ戦争において、多くのヤモスおじさんが生まれるのだろうか、などなど。2022/03/21

かもめ通信

16
物語の舞台は1980年代初め、イスラーム寺院のそびえ立つソウル梨泰院の路地裏。主人公兼語り手の「僕」は、孤児院を転々とした後、朝鮮戦争に従軍した元トルコ兵のハサンおじさんに引き取られる。一見なんのつながりもなさそうな寄り合い所帯のような面々が、路地裏でひしめき合って暮らしている。これはそんな物語だ。「甘くて酸っぱくてしょっぱくて辛くて苦い」。どこか懐かしく、人の記憶の奥底に沈んでいる「あの頃」を思い出させるようなにおいのする物語だ。2022/03/21

スイ

13
読んでいて、大好きなカポーティの『草の竪琴』を思い出した。 社会に異質とみなされたり、深い傷があるために疎外されている人たちが緩く集まっていく。 解決や救いというほど強いものにはなれないが、確かに小さな光がある。 丁寧に描かれていて、とても良い作品だった。 朝鮮戦争はまだ終わっていない、という言葉は突き刺さるし、刺さったままにしなきゃいけないな…。 文章もとにかく良く(訳も見事)、派手さはなくとも、胸にずっと残る一作。 2022/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19186665

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。