新編 激動の中を行く―与謝野晶子女性論集

個数:

新編 激動の中を行く―与謝野晶子女性論集

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2022年08月10日 03時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 296p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787721006
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0036

内容説明

すべて眠りし女(おなご)今ぞ目覚めて動くなる―日本のフェミニズムを拓いた誇り高いことば。

目次

第1部 女として、人間として(鏡心灯語 抄;私の恋愛観;愛の訓練 ほか)
第2部 婦人問題(母性偏重を排す;婦人の堕落する最大原因;未来の婦人となれ ほか)
第3部 社会・思想・教育(激動の中を行く;デモクラシーについて私の考察;生活の消極主義を排す ほか)

著者等紹介

もろさわようこ[モロサワヨウコ]
1925年、長野県生まれ。太平洋戦争末期、出身地に疎開してきた陸軍士官学校生徒隊本部で筆生として働く。戦後、新聞記者、紡績工場企業内学院教員、婦人団体機関誌編集などを経て執筆活動にはいる。主な著書『信濃のおんな』(毎日出版文化賞受賞、未来社)など。著作・講演のほか、「自由・自立・連帯」の交流施設「歴史を拓くはじめの家」(1982年)を出生地の長野県佐久市望月に、「歴史を拓くはじめの家うちなあ」(1994年)を沖縄県南城市に、「歴史を拓くよみがえりの家」(1998年)を高知県高知市に開設。30周年を経て「志縁の苑」に改組。これらの活動が評価され、2005年に信毎賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
女として、人間として:私の恋愛観 愛の訓練 産前の恐怖 私自身に対する反省 考える生活 思想の流動と深化 婦人問題:母性偏重を排す 婦人の堕落する最大原因 婦人改造の基礎的考察 私たち労働婦人の理想 未来の婦人となれ 女子の知力を高めよ 生活改善の第一基礎 自己に生きる婦人 性的特徵について 有産階級の妻 女らしさとは何か 社会・思想・教育:激動の中を行く デモクラシーについて私の考察 生活の消極主義を排す 平等主義の実現 質の改造へ むしろ父性を保護せよ 人間性の教育 女教師たちに 女子と高等教育2021/04/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17665508

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。