災害ドキュメンタリー映画の扉―東日本大震災の記憶と記録の共有をめぐって

個数:

災害ドキュメンタリー映画の扉―東日本大震災の記憶と記録の共有をめぐって

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 18時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787720016
  • NDC分類 778.7
  • Cコード C1036

内容説明

東日本大震災の被災地において、ドキュメンタリー映画の撮影・制作・上映はどのように行われてきたのか―。映画が生み出す対話の力を制作者たちと考える、異色のドキュメンタリー映画論。

目次

第1章 東日本大震災のドキュメンタリー映画から記憶の共有を考える
第2章 東日本大震災発生後、映画の現場では
第3章 ドキュメンタリー映画を通した対話から考える記憶の継承と防災
第4章 東日本大震災の映画ができるまで
第5章 東日本大震災以降、継続される記録活動
第6章 デジタルアーカイブと映画から考える災害映像記録の価値

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

笛吹岬

0
「映画はもともと共有する文化」「パソコンで見たり(中略)コンパクトに閉じられた時代」「人を閉じ込める、あるいは人が映画を所有する文化になってしまっていて、これが本当にいいのか」貴重な問題意識だと思う。一方で、編者らはアーカイブを動画共有サイトぐらいに考えているようで、これも違和感。2021/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17233733

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。