絶望の林業

個数:

絶望の林業

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年12月04日 07時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 301p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787719195
  • NDC分類 652.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「日本の林業は成長産業である」。
最近よく耳にする言葉です。その証左はどこにあるのでしょうか。そしていま、日本の林業現場で何が行われているのでしょうか?
補助金漬け、死傷者続出、低賃金、相次ぐ盗伐、非科学的な施策……。林業の現場には時代遅れで、悲惨な現状が隠されています。
若者の就労者が増えたことで、成長産業と期待されている日本林業。しかし、その実態は官製成長産業であり、補助金なくしては成り立たない日本の衰退産業の縮図といえます。
30年にわたり森林ジャーナリストとして日本の森、林業にかかわってきた田中淳夫だからこそ書けた、林業業界の不都合な真実に鋭く切り込んだ問題作

出版社からのコメント
山村に移り住んだ若者たちが林業現場に入り、いま、日本の林業が活況である……、といったニュースを目にすることが多くなりました。しかし林業の実態は、補助金がなければやっていけない典型的な衰退産業です。
政府が推進する、地球環境のためには林業を盛り上げ、排出権取引を活発化するといった政策は本当に日本の森林について考えたものなのか。そこには不都合な真実が隠されていないのか。
30年にわたり日本の森林、林業を取材してきた森林ジャーナリスト田中淳夫の渾身の一作です!


目次
はじめに─ 騙されるメディアと熱い思い

第1部 絶望の林業
1:「林業の成長産業化」は机上の空論
2:木あまり時代が生んだ木づかい運動
3:外材に責任押しつける逃げ口上
4:森も林業も知らない林業家
5:正反対の意味で使われる「間伐」
6:木材価格は高いという神話

第2部 失望の林業
Ⅰ.諦観の林業現場
1:手を出せない林地がいっぱい
2:徒労の再造林と獣害対策
3:森を傷つける怪しげな「間伐」
4:機械化こそ高コストの元凶
5:騙し合いの木材取引現場
6:事故率が15倍の労働環境
Ⅱ.残念な林業家たち
1:改革したくない森林組合
2:倫理なき素材生産業者
3:素人が手がける自伐型林業
4:林業をやめたい山主の本音
5:ロスだらけの木材の在庫管理
6:木悪説にハマった建築家たち
7:見失っている木育の対象
Ⅲ.滑稽な木材商品群
1:“見えない木”合板受容の功罪
2:木を見せない木造建築の罠
3:普及するのか国産材CLT
4:セルロースナノファイバーの憂鬱
5:再生可能なバイオマス発電
6:ハードウッドと大径木の危機
7:国産材を世界一安く輸出する愚
Ⅳ.痛恨の林業政策
1:モラルハザードを起こす補助金行政
2:無意味な「伐期」にこだわる理由
3:地球環境という神風の扱い方
4:違法木材野放しのクリーンウッド法
5:視界不良の林業教育機関
6:実態無視の視察と欺瞞だらけの白書
7:森の未来を見ない林政担当者

第3部 希望の林業
1:夢の「理想の林業」を描く
2:吉野林業の幸福な時代
3:森を絶やさず林業を行う恒続林
4:投資ポートフォリオとしての林業
5:篤林家たちの森と林業
6:絶望の中に希望は見つかるか

あとがき


著者紹介
田中 淳夫(タナカ・アツオ)
1959年大阪生まれ。静岡大学探検部を卒業後、出版社、新聞社等を経て、フリーの森林ジャーナリストに。森と人の関係をテーマに執筆活動を続けている。主な著作に『森は怪しいワンダーランド』(新泉社)、『森林異変』『森と日本人の1500年』(平凡社新書)、『鹿と日本人―野生との共生1000年の知恵』『樹木葬という選択』(築地書館)、『ゴルフ場に自然はあるか? つくられた「里山」の真実』(ごきげんビジネス出版・電子書籍)ほか多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Sakie

22
将来のリスクヘッジに山を持っていたらいいんじゃないかと考えていたことがある。読んでほとほと嫌になった。今の日本では、まず生業として考えるべきではないな。地元の木で家を建てるのも、よく調べてからが良さそうだ。林野庁主導の補助金政策や業者の短期的利益追求で、林業のシステムは歪んでいる。木が育つためにかかる年月と人間の目先都合が乖離したら、軌道修正に何十年かかるのか。かといって即利益を求めない篤林家を目指すにも、境界線問題に始まり、盗伐やら獣害やらも考えると、想定以上に困ぱいさせられると覚悟した方がいいだろう。2020/12/12

塩崎ツトム

14
原価は値崩れしているのに国内に加工技術も流通網もないせいで外国産に勝てない国産木材、補助金漬けでイノベーションも自浄作用も失った業界、安全無視や乱伐・盗伐相次ぐ現場、権利があやふやで手出しの出せない山主……。なんだかもう、「あとは野となれ山となれ」という言葉がぴったりである。2019/11/14

きゅうり

13
上流から下流まで絶望の林業。大規模な盗伐なんて日本で起こってるなんて信じられない。矜持を持った山主が他事業の収益で補填して山を続けてる。木は製品ではなくて森林のサイクル(恒続林)の一部。多様性があり商品価値が高い森林を育てることが重要。2021/01/24

yoneyama

12
知りたかった情報なのではあるが、読んでいるうち暗澹たる気持ちになり、さめざめと絶望した。もちろん志ある林業関係者も何人も知っているが、やはり現状はこのような感じなのだろう。広く業界の事情を外側から解説してあり、読んでよかった。この業界で楽しく働くことができるようになるのだろうか。なりたい。良い出会いを祈るしか無い。2020/02/12

makimakimasa

11
林業は経費の7割が補助金でカバー。2018年は主伐補助金も始まり(皆伐は経済行為であり森林の公益的機能も失う)、森林経営管理法(九州面積を超える所有者不明の土地を強制活用)と並び林政大転換となった。3年以内が義務の再造林も行政は確認せず実質3割程度か。伐期にこだわる林野庁、損ばかりの山主、国産材仕入ルートの無い工務店、A材需要の無い大壁構法、国産CLTの難しさ(強度、乾燥、安定供給)、輸入木質燃料が主流のバイオマス発電の矛盾、クリーンウッド法のザル加減、政府白書統計の欺瞞など、余す所なく問題提起した力作。2020/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14209228

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。