シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 日本海側最大級の縄文貝塚 小竹貝塚

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
日本海側最大級の縄文貝塚 小竹貝塚

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787718396
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

かつて放生津潟(ほうじょうづがた)とよばれていた富山湾を望む水田地帯、北陸新幹線建設工事で地下二メートルから巨大な貝塚が姿をあらわした。土器、石器、骨角器などの多彩な遺物とともにみつかった九〇体以上の人骨から、六〇〇〇年前の縄文人の横顔と暮らしにせまる。

目次

第1章 日本海側最大級の貝塚(地表下二メートルで発見;呉羽丘陵と放生津潟)
第2章 小竹貝塚を掘る(小竹貝塚発掘史;北陸新幹線と小竹貝塚の発掘)
第3章 小竹縄文ムラの変遷(出現期の集落―前期中葉;最盛期の集落―前期後葉 ほか)
第4章 小竹縄文ムラの生活を追う(狩猟・漁労活動;植物採集活動 ほか)
第5章 縄文人骨は語る(どのように埋葬されたのか;科学分析からわかったこと ほか)

著者等紹介

町田賢一[マチダケンイチ]
1973年、埼玉県生まれ。東海大学文学部史学科日本史学専攻卒業。現在、富山県埋蔵文化財センター埋文ボランティア、公益財団法人富山県文化振興財団埋蔵文化財調査課主査(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

富山湾を望む水田地帯の巨大な貝塚。多彩な遺物と九〇体以上の人骨から六〇〇〇年前の縄文人の暮らしにせまる。かつて放生津潟(ほうじょうづがた)とよばれていた富山湾を望む水田地帯、北陸新幹線建設工事で地下二メートルから巨大な貝塚が姿をあらわした。土器、石器、骨角器などの多彩な遺物とともにみつかった九〇体以上の人骨から、六〇〇〇年前の縄文人の横顔と暮らしにせまる。

第1章 日本海側最大級の貝塚
   1 地表下二メートルで発見
   2 呉羽丘陵と放生津潟

第2章 小竹貝塚を掘る
   1 小竹貝塚発掘史
   2 北陸新幹線と小竹貝塚の発掘

第3章 小竹集落の変遷
   1 出現期の集落──縄文時代前期中葉
   2 最盛期の集落──縄文時代前期後葉
   3 終末期の集落──縄文時代前期末葉

第4章 小竹縄文ムラの生活を追う
   1 狩猟・漁労活動
   2 植物採集活動
   3 さまざまな道具
   3 豊かな装身具
   4 出土品からみた地域交流

第5章 縄文人骨は語る
   1 どのように埋葬されたか
   2 人骨からわかること
   3 小竹ムラに暮らした人びと
   4 小竹貝塚のいま

町田賢一[マチダケンイチ]
著・文・その他