神さぶる山へ―語りつぎ言い継ぎ行かん富士の高嶺は

個数:

神さぶる山へ―語りつぎ言い継ぎ行かん富士の高嶺は

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年06月18日 00時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 128p/高さ 27X29cm
  • 商品コード 9784787718266
  • NDC分類 748
  • Cコード C0072

著者等紹介

大山行男[オオヤマユキオ]
1952年神奈川県生まれ。写真家への歩みは19歳で経験した日本各地への撮影行にはじまり、24歳から富士山の撮影に専念。1990年、富士西麓の富士ヶ嶺(山梨県富士河口湖町)にフラードームを建て、移り住む。あえて自作のエイトバイテン(8×10)大型カメラを駆使するなど、独自の作風境地を追い求め富士と向き合い続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「その信じがたい光景は突然あらわれ、一瞬の光彩を放つ。謎めいて、まるで須弥山の世界が舞い降りたかのようである」富士山に魅入られ40年以上にわたってレンズを向け続ける写真家大山行男氏。
富士山をテーマとするヴィジュアル要素に富んだ出版物といえば、これまでは型どおりの風景美を湛えた富士山のすがた、あるいは山岳としての自然や生態系、地理・地学的特徴などを紹介するカラー構成の写真集や図鑑ふうの作品が多いが、そうした中、創作の対象としてひたすら追い求め、向き合い続ける大山氏の作品では、古来、民衆の信仰の対象であり続けている富士山の「極楽」とも「地獄」とも映る特有の景色──?異界感?や?精神性?、さらには美醜のものさしではかりきれない?性?に満ちた独自の世界が立ち現れる。

大山行男[オオヤマユキオ]
著・文・その他/写真