東北アジア研究専書<br> 震災後の地域文化と被災者の民俗誌―フィールド災害人文学の構築

個数:
  • ポイントキャンペーン

東北アジア研究専書
震災後の地域文化と被災者の民俗誌―フィールド災害人文学の構築

  • 高倉 浩樹/山口 睦【編】
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 新泉社(2018/01発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)※店舗受取は対象外です。
  • ポイント 125pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 20時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 288p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787718013
  • NDC分類 389.04
  • Cコード C1039

内容説明

被災後の人びとと地域社会はどのような変化を遂げてきたのか。無形民俗文化財の復興・継承、慰霊のありよう、被災者支援など、民俗学・人類学・宗教学の立場で地域社会と人びとの姿を見つめ、災害からの再生と減災に果たす生活文化の役割を考える。

目次

序論 フィールド災害人文学の構築にむけて
1 無形民俗文化財の被災と復興事業(文化財化する地域文化―大規模災害後の民俗文化財をめぐる対応から;生きた文化財を継承する―無形文化遺産と被災・復興;無形文化遺産の防災という考え方―東日本大震災の教訓と無形文化遺産アーカイブスの試みから;復興のなかの発見と創造―震災復興関連事業に関わった一民俗学者の随想)
2 被災地からみた民俗芸能の復興・継承(祭りの「復興」過程―宮城県山元町の八重垣神社の事例から;被災地からみる民俗芸能の未来―「子ども神楽」の誕生とその活動から考える;民俗芸能の中期的復興過程における継承活動の諸相と原動力―福島県浜通り地方の三つの田植踊を事例として;福島県の民俗芸能と減災無形文化遺産―災害復興政策になぜ無形文化財が必要なのか)
3 災害死者の慰霊・追悼と記憶の継承(災害死者の供養と伝承;災害後の持続可能なコミュニティの構築に果たす記念碑の役割―東日本大震災と津波を事例に;インドネシアと日本の津波記念行事にみられる「救いの約束」;被災地の祭り・祈りを支援する学生ボランティアと宗教学者)
4 被災者・家族の暮らしの再建と地域社会(被災地にみる手仕事ビジネスと新たな社会関係―宮城県を事例として;大惨事と自主的判断―福島原発災害後の「母子避難」の意味を問う;沖縄県における避難者受け入れ過程;災害時における外国人被害者に対する通訳の役割と問題点―二〇一二年クライストチャーチ震災に学ぶ)

著者等紹介

高倉浩樹[タカクラヒロキ]
1968年生まれ。東北大学東北アジア研究センター教授。専門は社会人類学、シベリア民族誌

山口睦[ヤマグチムツミ]
1976年生まれ。山口大学人文学部准教授。専門は文化人類学、日本研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件