父の逸脱―ピアノレッスンという拷問

個数:
  • ポイントキャンペーン

父の逸脱―ピアノレッスンという拷問

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年03月29日 03時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787717092
  • NDC分類 956
  • Cコード C0011

内容説明

忘れてしまうべきか。赦せばよいのか。どのようにして人生をやり直せばよいのか。音楽の才能があると言われ、わたしはピアノを弾く家畜になり、父はわたしを拷問し続けた。周りの人たちは目を背けた―。お稽古地獄という虐待を生き延びた少女の告白。フランスで大反響を巻き起こし映画化も決定したベストセラー。

目次

二歳半、最初の音符
「お父さん、あなたの娘さんは才能がありますね」
寡黙になる
恵まれなかった両親の子ども時代
フランスに戻る、ほのかな希望
最初のコンクールと地獄への転落
密かな楽しみ
おまじない
地獄の週末
初の国際コンクール〔ほか〕

著者等紹介

ラファエル,セリーヌ[ラファエル,セリーヌ] [Rapha¨el,C´eline]
1984年4月11日、フランス中南部オーヴェルニュ地域圏生まれ。医師そして虐待の被害体験者として、児童虐待に関する提言・啓発活動を精力的に行なっている。

林昌宏[ハヤシマサヒロ] [Rousseau,Daniel]
1965年、愛知県生まれ。翻訳家。立命館大学経済学部経済学科卒業

ルソー,ダニエル[ルソー,ダニエル]
児童精神科医。20年以上にわたり、児童社会扶助機関(ASE)の養護施設で恵まれない子どもたちを支援している

村本邦子[ムラモトクニコ]
立命館大学大学院応用人間科学研究科教授。臨床心理士。1990年、大阪に女性ライフサイクル研究所を設立し、女性と子どものトラウマや、災害や戦争などコミュニティのトラウマに取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件