教えてルモアンヌ先生、精神科医はいったい何の役に立つのですか?

個数:

教えてルモアンヌ先生、精神科医はいったい何の役に立つのですか?

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月19日 16時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 273p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787716019
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C1011

内容説明

こころの病って、いったい何?家族関係や文化がこころの病を生む?こころの医者は、どんな治療をするの?それで結局、役に立つの、立たないの?

目次

精神科医という仕事
精神科医は何をしてきたのか?
こころの病気への偏見
何が精神病なのか?
こころの病気は存在しない?
家族関係がこころの病気を生む?
文化がこころの病気を生む?
精神分析は役に立つのか?
薬こそがこころの病気をなおす?
精神鑑定は正しいのか?
精神医療の抱える問題
精神科医の日々の治療
こころの病気にかかわる職種
精神科医は何の役に立たないのか、何の役に立ってはいけないのか
われ精神を治療す、ゆえにわれ精神科医なり

著者等紹介

ルモアンヌ,パトリック[ルモアンヌ,パトリック] [Lemoine,Patrick]
1950年生まれ。精神科医、脳神経科学者。専門は睡眠障害(不眠症)。リヨン第一大学にて臨床教育にたずさわる一方で著作家としても活躍し、薬のプラシーボ効果、不眠症、不安障害などについて多数の著書がある

渡邊拓也[ワタナベタクヤ]
フランス国立社会科学高等研究院(パリ)修了、Ph.D。京都大学大学院文学研究科博士課程修了、京都大学文学博士。現在、大谷大学文学部社会学科講師。専門領域は社会病理学、社会史、地域社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小竹

1
フランス人精神科医が精神医療の歴史・在り方・問題点を極めて平易な文章で語る1冊。目新しい内容はないが、さらりと読めて取っ付き易い。若い人向けに書かれた入門書という位置づけだそう。2017/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10815710

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。