シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 北近畿の弥生王墓・大風呂南墳墓

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
北近畿の弥生王墓・大風呂南墳墓

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月24日 03時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787715388
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

丹後半島の付け根、日本三景の一つ天橋立をのぞむ丘陵上の弥生墳墓から、全国的に珍しいライトブルーの輝きを放つガラスの腕輪が出土した。鉄製武器も副葬し大陸とのかかわりがうかがえる“王墓”から、弥生時代の北近畿に生まれいづる「クニ」の姿を探究する。

目次

第1章 蒼きガラスの腕輪(天橋立を見下ろす丘陵;ライトブルーのガラス釧)
第2章 北近畿の「王」の墓(大風呂南墳墓の発掘;華やかな副葬品;被葬者をさぐる)
第3章 王墓への道―弥生中期(丘陵上の墳墓;集落のなかの墳墓;日本海側に広がる方形貼石墓)
第4章 王墓の展開―弥生後期(弥生王墓の誕生;三者三様の墳墓;発展する墳墓;最後の弥生王墓)
第5章 東アジアのなかの北近畿(中国の歴史書が語る倭のクニグニと北近畿;大和王権誕生後の北近畿)

著者等紹介

肥後弘幸[ヒゴヒロユキ]
1962年大阪府生まれ。大阪市立大学法学部卒業。1985年京都府教育委員会採用、(財)京都府埋蔵文化財調査研究センター、京都府教育庁文化財保護課、京都府立山城郷土資料館に勤務。現在、公益財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター総務課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

月をみるもの

10
なんかいろんな地方の墳墓のことを学べば学ぶほど、弥生末期と古墳時代の境目は曖昧になってくる気がする。ガラスの腕輪は、いつどこで誰がつくり、どうやってこの地にたどりついたのだろうか。2020/07/13

遊動する旧石器人-市之助一郎-

2
2016年3月第1刷。大風呂南墳墓を一つの題材とし、北近畿の弥生墳墓・王墓の歴史を紐解く1冊。本書では主に弥生中期からの北近畿の墳墓が述べられる。『大風呂南墳墓』という書名だが、北近畿の弥生墳墓の歴史を学ぶには良書。個人的に着目した点は、「墓壙内破砕土器供献」という祭祀儀礼である。これはかなり気になる儀礼で、各地の弥生墳墓における器物の破砕供献・副葬とも関連してくる気がする。2016/07/03

うしうし

2
日本で4遺跡からしか出土していないというガラス製釧(その中でもライトブルーで最も美しい)、13点の銅釧、ガラス製勾玉や緑色凝灰岩製管玉でつくられた首飾り、鉄製武器類や漁労具(ヤス)などが副葬された大風呂南墳墓の紹介をはじめとして、北近畿地方代表的な弥生時代中期から後期の墳墓を系統的に記述。大風呂南墳墓や赤坂南墳墓に至る「王墓」形成までの道のりを追う。「墓コウ内破砕土器供献」という北近畿独自の儀礼や巨大な方形貼石墓(寺岡遺跡・日吉ヶ丘遺跡)なども紹介する。2016/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10581988

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。