古代をみる眼―考古学が語る日本文化の深層

個数:

古代をみる眼―考古学が語る日本文化の深層

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 06時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 237p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787714169
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

みえるもの(遺跡・遺物)からみえないもの(心)をさぐる。考古学から、弥生時代や古墳時代の人びとの“思い”を解き明かす。

目次

1 祭祀遺跡はなぜそこにあるのか?(神の座;王権祭儀の「場」;恐きや神の御坂)
2 神話の土壌―水の祭り(天白磐座遺跡は「水の祭祀場」;文献にあらわれる「水の祭り」;各地の御井伝承;豪族居館における水の祭儀;他界の王宮と水の祭儀)
3 ヒサゴと龍―水への思い(ヒサゴの呪力;観想される龍―水神という認識)
4 他界の王宮(壺中の天;他界の王宮;他界へ向かう船 ほか)
5 埴輪研究の行方(古墳と埴輪;見えない形、失われた形)
6 紀氏と葛城氏―王権祭儀の情景(古代学;建内宿禰とその後裔氏続;居館遺跡の諸相)
7 聖樹と王宮(ヤマト王権と百枝槻;軽の大槻と樹下の誓盟;再検討、飛鳥の槻樹)
8 大和三山と王宮(天香久山;畝傍山;耳成山)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件