マンガ版 筑紫の磐井

個数:

マンガ版 筑紫の磐井

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月18日 02時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 198p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787714145
  • NDC分類 210.32
  • Cコード C0021

内容説明

今から1500年ほど前、福岡県八女の地を本拠に北部九州をまとめ、巨大な岩戸山古墳を築いた大王がいた。大和の継体大王に仕掛けられた戦いを有利に導きながらも、その身を引くことで平和をもたらした筑紫の大王・磐井の偉大な生涯を描く。

著者等紹介

太郎良盛幸[タロウラモリユキ]
1945年、福岡県八女郡矢部村生まれ。福岡県内の高校の社会科教師および教頭、校長を歴任し、2007~2009年に岩戸山歴史資料館の館長を勤め、2009年より日本経済大学教授。筑紫君「磐井」や埋もれた九州の歴史を掘り起こす執筆活動を続けている

鹿野真衣[カノマイ]
1975年、神奈川県藤沢市生まれ。漫画家を志望して漫画家「ビッグ錠」のアシスタントなどを勤める。その一方で、馬の魅力に惹かれ日本動物植物専門学校を卒業。その後、八女市出身の養蜂家と結婚し、八女市に移り住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夜勤3日目の寺

51
昔、小学館の『漫画日本の歴史』の2巻で、筑紫の国造(くにのみやつこ)・磐井が大和朝廷に反乱したという事件が載っていた。教科書にも軽く触れる程度に載っていた記憶がある。大して興味はない。たまたまこの本を図書館で見付け、漫画なので読んでみた。ウンザリする様な古代人の名前の数々に圧倒される。古事記の人達も珍名だが、あれは幾度か聞いて耳慣れている。慣れない珍名続出に戸惑いながら読む。当時の日本は、大和朝廷の勢力拡大の裏で、朝鮮の内乱状況で左右されているのがわかる。反乱した磐井は殺されてもいない。力作ではある。2016/08/23

あいくん

10
☆☆☆八女市の岩戸山記念館に行きました。ここには展示施設と岩戸山古墳があります。広大な公園になっています。歩き回りました。日本史では「筑紫国造(くにのみやつこ)磐井の反乱」と書かれています。地方豪族の磐井が新羅と結んで反乱を起こしたとされています。この本は地方の立場から描かれています。原作は岩戸山歴史資料館長だった太郎良盛幸さんです。太郎良さんは矢部村出身で八女市在住です。漫画は八女市在住の鹿野真衣さんです。2021/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9032944

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。