シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 弥生集落像の原点を見直す・登呂遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
弥生集落像の原点を見直す・登呂遺跡

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月22日 01時06分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787713391
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

近年、弥生時代の集落というと、吉野ヶ里遺跡のような大環濠と巨大建物の“クニ”がイメージされやすいが、住居と水田が一体となってみつかった登呂遺跡の重要性に変わりはない。二〇〇〇年前後に実施された再発掘をふまえ、弥生集落像をあらためて問い直す。

目次

第1章 弥生時代への扉
第2章 戦後考古学の金字塔(登呂遺跡の発見;戦時下の発掘調査;戦後考古学の出発;集落の実像にせまる再調査)
第3章 水田稲作農耕のムラ(ムラの変遷;住居・倉庫・祭殿;潅漑水田;ムラの環境)
第4章 稲作と暮らし(水田稲作農耕の実態にせまる;ムラの漁撈・狩猟・暮らし;ムラの祭祀)
第5章 弥生社会と登呂ムラ(中心のムラと周辺のムラ;地域のなかのムラのつながり;列島のなかの登呂ムラ;登呂ムラの終焉;登呂遺跡を後世に伝える)

著者等紹介

岡村渉[オカムラワタル]
1962年、静岡県藤枝市生まれ。1985年、國學院大學文学部史学科卒業。現在、静岡市役所文化財課(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件