なぜグローバル・グリーン・ニューディールなのか―グリーンな世界経済へ向けて

個数:

なぜグローバル・グリーン・ニューディールなのか―グリーンな世界経済へ向けて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月24日 00時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 281p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787713056
  • NDC分類 519
  • Cコード C1036

内容説明

炭素依存を低減して生態系を保護することは、ただ単に環境意識からではなく、世界経済が持続可能な状態で景気回復を果たすために正しく、また実際のところただ一つの方法である。国連環境計画(UNEP)が提案する、グリーンな世界経済復興プラン。

目次

第1部 なぜグローバル・グリーン・ニューディールなのか(導入:危機からの好機)
第2部 グローバル・グリーン・ニューディールの重要な要件(炭素依存の低減;生態系の保護;発展途上経済が直面する課題;結論:優先される国内での取り組み)
第3部 国際社会の役割(グローバル・ガバナンスの改善;資金調達の円滑化;貿易奨励策の強化;結論:優先される国際的な取り組み)
第4部 よりグリーンな世界経済へ向けて(要約:グローバル・グリーン・ニューディールの提案;グローバル・グリーン・ニューディールは成功するのか;グリーンな景気回復を越えて)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

15
2010年初出。GGND。2019年までに途上国人口の半数が都市で生活。 2050年までに53億3000万人が都市に住むと予測(24頁)。 GGNDの主要目標は、世界経済振興、雇用創出、貧困層の保護。炭素依存低減、生態系保護、水資源保全。 そして、2025年までに曲の貧困を終わらせる10年先送りのMDGsの推進(33頁)。 炭素依存では2030年にエネルギー燃焼で温室効果ガスを05年よりも60%多く排出すると予測(44頁)。 化石燃料の使用を減少させることを強調する研究が増えてきた(48頁)は歓迎できる。2014/03/06

okhiroyuki

0
限界費用ゼロ社会から、本書は炭素社会の崩壊と第3次産業革命までのロードマップを描いている。書いてあることは、どちらかというと、資金をどう確保するかやなぜ今世界がこの動きになっているのかなどを説明しており、何かイノベーションといったものを求めるなら期待はずれではないでしょうか。ただ、少なくともこれから来る時代をどう読み解くかに関しては十分な情報があると感じます。2020/03/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7766112
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。