グローバル社会を歩く<br> 海士伝 隠岐に生きる―聞き書き 島の宝は、ひと

個数:

グローバル社会を歩く
海士伝 隠岐に生きる―聞き書き 島の宝は、ひと

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月25日 05時09分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 161p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787713049
  • NDC分類 291.73
  • Cコード C1339

目次

第1部 海士に飛びこむ(見えない挑戦 勇木史記さん;いまやっと、やれてる 竹川浩治さん)
第2部 海士はふるさと(あぁ海士いいなぁ 増谷実香さん;海士への想いと創造―人が見える中で、どういうふうにやっていくか 柏谷猛さん ほか)
第3部 回想・海士町体験記(かたまらず、しなやかに;現地へ赴き、対話すること ほか)
第4部 実習教育の可能性(海士における聞き書き実習の価値 阿部裕志;ひとりひとりが築いていく社会 赤嶺淳)

著者等紹介

赤嶺淳[アカミネジュン]
名古屋市立大学・大学院人間文化研究科・准教授。専門は東南アジア地域研究、海域世界論、食生活誌学、フィールドワーク技術論

阿部裕志[アベヒロシ]
2008年1月、海士町へ移住し、株式会社巡の環を仲間と共に設立。地域づくり事業、教育事業、メディア事業を展開する。2011年4月より海士町教育委員に就任

祖父江智壮[ソブエトモタケ]
名古屋市立大学・人文社会学部国際文化学科・4年。調査実習の学生代表をつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nbhd

0
これはすばらしい。島の人々があまり島の未来を考えていないあたりが、とくに良い。2013/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6048086

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。