シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 藤原仲麻呂がつくった壮麗な国庁・近江国府

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
藤原仲麻呂がつくった壮麗な国庁・近江国府

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 17時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787710376
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

古代、交通の要衝の地であった近江国。その国庁は琵琶湖の南、瀬田川東岸に、唐の長安城を模したかと思われる堂々たる威容をもってそびえ建っていた。奈良時代中期の大政治家、藤原仲麻呂が国守のときに造営した豪壮な国府の姿が、発掘調査によって明らかとなる。

目次

第1章 幻の国府を求めて(近江国と藤原氏;忘れ去られた国府・国庁;近江国府の推定)
第2章 大国近江の国庁(散乱する瓦片;姿をあらわした近江国庁;特殊な政庁構造)
第3章 近江国府の威容(みつかった古代の勢多橋;近江国府の官衙;国府に関連する寺社;国府周辺の生産遺跡群;藤原仲麻呂と保良宮)
第4章 近江国府の盛衰(権威の象徴;律令期国府の終焉)

著者等紹介

平井美典[ヒライヨシノリ]
1962年、滋賀県生まれ。奈良大学文学部文化財学科卒業。現在、(財)滋賀県文化財保護協会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

うしうし

4
県図書本。メモを取りながら読了。特に興味深い点を記す。 ・近江国府政庁は東西2町の範囲の中心に政庁郭を置き、その両側に築地区画の東郭・西郭を並べる独特なスタイルをもつ。(p88) ・政庁建物には、瓦積基壇と飛雲文軒瓦が多用される。 ・政庁東郭の中心建物には「木造外装基壇」をもつ。(p39~42) ・瀬田川浚渫工事に先立つ発掘調査で、近江国府時代の「勢多橋」橋脚基礎を発見。古代官道ルートの見直しに繋がった。 2021/06/13

rbyawa

1
e255、大雑把に琵琶湖のほとりの北端の地に、東山道が西から、北陸道が東から合流、もとは合流していなかった東海道もここに、他の道もこの近くを通り、水田の数も公称で各国の中で4位。瓦が散乱していたので「そこではないか」と言われていたそうなんですが、それでも場所がはっきりしてなかったんだね、歴史って意外とわかってないんだなぁw 奈良時代に藤原仲麻呂によって作られた、ものの、微妙にまだ発掘途中って感じだなぁ、道の合流地点なのでいかにも賑わってそうなんだけど、物流って形に残らないし、記録にもそこまで残らないよね。2014/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/432154

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。