倭王の軍団―巨大古墳時代の軍事と外交

個数:

倭王の軍団―巨大古墳時代の軍事と外交

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 246p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787710130
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

世界遺産登録をめざす百舌鳥・古市古墳群。5世紀、これら巨大な古墳をつくった王たちは武力を背景に半島へ進出したのか?中期古墳に副葬された大量の武器・武具は実用?儀器?考古学の最前線が解き明かす常備軍の新事実。

目次

第1章 半島に進出した倭王の軍団(軍団を率いる王;軍団の定義;史料からみた軍団;古墳に副葬された武器の実相;巨大古墳時代の軍団は水軍)
第2章 武器・武具から復元する古墳時代の常備軍(武器研究の指針となる五つの通則;大量の武器の副葬―古墳時代前期前半;整った組合せの武器の出現‐古墳時代前期後半;筒形銅器から導きだされる新たな軍事的課題;武器の副葬に特化した古墳の出現―古墳時代中期;武器に組み込まれた農工具の広がり―古墳時代中期後半;百舌鳥・古市古墳群の軍事基盤と常備軍;日本列島における古墳時代中期の軍事的特徴)
対談 百舌鳥・古市古墳群の勢力を率いた人物(常備軍について;百舌鳥・古市古墳群の被葬者像;中期古墳出土の三角縁神獣鏡;会場から)

著者等紹介

西川寿勝[ニシカワトシカツ]
1965年大阪府生まれ。大阪府教育委員会文化財保護課副主査

田中晋作[タナカシンサク]
1955年大阪府生まれ。池田市立歴史民俗資料館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レアル

47
日本の歴史では武士というものが登場するが、その時代を遥かに遡る古墳時代に軍事軍団がいたのではないか!と著者は言う。勿論日本のこの時代に文字による史実で証明する事は不可能だが、古墳に埋蔵されている武器や農具や石棺や葺石などからそれらの可能性を辿り、どのような軍団だったのか、その役割を著者なりの理論で説明する。こういう類の本は一つ一つの事例説明も面白いが、軍団という括り(視点)で古墳を眺めると違う発見があるのが楽しいかな。2021/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/934016
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。