平成衝口発 上代音韻のミステリー―宮古島方言は上代音韻の原形である

個数:

平成衝口発 上代音韻のミステリー―宮古島方言は上代音韻の原形である

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 290p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787710055
  • NDC分類 818.99
  • Cコード C1080

内容説明

奈良時代まで存在していた上代音韻は、不思議なことに平安時代の初期には消滅してしまう。この日本語音韻史上、最大のミステリーを万葉仮名の漢字音を分析することにより明らかにし、宮古島方言こそ上代音韻の真の姿を伝えていることを証明する。

目次

1 万葉仮名の秘密と上代音韻消滅の理由(上代音韻発見の経緯;上代音韻にとり組む前に―中国原音と万葉仮名;通説の問題点;万葉仮名の新法則;異例となる漢字の分析―『説文解字』による上古音 ほか)
2 宮古島方言の秘密(琉球方言と「は行子音」の/p/;琉球方言の二類の「き」;宮古島方言と上代音韻の母音組織―エ列音・オ列音は存在しない;「し」「じ」および「せ」の甲乙二類の存在;「四つ仮名」混同の真相―第二の証拠 ほか)

著者等紹介

砂川恵伸[スナガワケイシン]
1947年沖縄宮古島に生まれる。1965年琉球政府立宮古高等学校卒業。1972年広島大学医学部卒業。1973年厚生連尾道総合病院勤務を経て、1981年より沖縄県立宮古病院勤務(外科)。2001年2月同院を副院長で退職。2001年2月より社会福祉法人・介護老人保健施設栄寿園勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。