シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 東京下町に眠る戦国の城・葛西城

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
東京下町に眠る戦国の城・葛西城

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 06時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787709370
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

東京の下町、葛飾区青戸にかつて戦国の城があった。上杉氏によって築かれ、小田原北条氏が攻略し、長尾景虎(上杉謙信)の侵攻、北条の再奪取、秀吉の小田原攻めによる落城と幾多の攻防がくり広げられた。関東における戦乱の最前線となった葛西城の実態にせまる。

目次

第1章 東京下町の歴史を見直す(関東の玄関口;伝説から実証へ;葛西城の発見)
第2章 葛西城をめぐる攻防(関東の戦国時代のはじまり;小田原北条氏の侵攻;古河公方足利義氏の元服;落城、再攻略)
第3章 よみがえる葛西城(環状七号線道路というトレンチ;堀と本丸;穴のなかをのぞく)
第4章 戦国を物語る品々(泥んこ考古学;茶の湯と高級陶磁器;城内の暮らしぶり;一粒の種とかわらけ;「関東の将軍」御座の城)
第5章 葛西落城(秀吉の小田原攻め;家康の江戸入部と青戸御殿)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たくのみ

1
葛飾区の青戸にあった室町時代の城、葛西城。葛飾区郷土と天文の博物館に行ったときはじめてその存在を知りました。のぼうの城で話題の「忍城」や、国府台合戦、古河公方と扇谷上杉との確執、このあたりとの関係が見えてきて面白かった。2013/03/20

rbyawa

0
e235、このシリーズは発掘現場に特化しているので学説としてはまだ成立していないデータの段階で見れるのが逆に面白いんじゃないかと思うんですが、この葛西城なんてのも文献にはあったものの最近まで見付かってなかったよん、環状7号線の調査で見付かった部分が丸々環状7号線として有数の通行量を誇る、口惜しい、とか、葛西ってこの辺にしか地名がないけど「葛西様」ってなんか関係あるのかねぇ(小田原の谷の名前とか)、レベルで途中です、まとまりという点だといまいちなんですが出てくる説を疑う必要がないのでとても気楽に読めますww2014/08/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1332952

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。