山尾三省ライブラリー<br> ネパール巡礼日記―インド・ネパール巡礼日記〈2〉

個数:

山尾三省ライブラリー
ネパール巡礼日記―インド・ネパール巡礼日記〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 05時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 495p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787708823
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

インドの旅はダラムサラで終わり、国境を超えてネパールに入る。スワヤンブナートに居を定め、ヒマラヤを見ながら半年を暮らす。神を求め、自己を見つめた詩人の旅は、屋久島の森に住み、アニミズムという希望を語った、山尾三省の詩と思想の原点である。

目次

ダラムサラ
パタン
スワヤンブナート
ポカラ
ルンビニ
スワヤンブナート

著者等紹介

山尾三省[ヤマオサンセイ]
1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73~74年、インド・ネパールの聖地を一年間巡礼。75年、東京・西荻窪のほびっと村の創立に参加し、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。