シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 律令体制を支えた地方官衙―弥勒寺遺跡群

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
律令体制を支えた地方官衙―弥勒寺遺跡群

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 06時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787708366
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

出版社内容情報

壬申の乱で大海皇子(天武天皇)勝利に貢献したことで日本書紀にも登場する美濃の伝統的古代豪族ムゲツ氏は、その後中央政界に進出せず、律令体制下の地方行政に専念した。文献史料ではわからなかった古代地方行政の実態を、郡庁跡、郡正倉院などの考古学的発掘から明らかにする。

内容説明

『古事記』『日本書紀』に登場する美濃の伝統的地方豪族ムゲツ氏は、壬申の乱で大海人皇子の勝利に貢献したが、その後は中央政界には進出せず、地方行政に専念する。郡庁院や正倉院が建ち並ぶ郡衙遺跡から、地方豪族が律令官人へ変容する過程とその活動の実態を追う。

目次

第1章 壬申の乱とムゲツ氏(壬申の乱;美濃の豪族)
第2章 氏寺「弥勒寺」(弥勒寺跡の調査;「弥勒寺」の伽藍)
第3章 美濃国武義郡衙(整然と配置された郡庁院の殿舎;建ち並ぶ倉―正倉院;郡衛以前の建物群)
第4章 水の祭祀(弥勒寺西遺跡の発見;美濃ではじめて出土した古代木簡;ムゲツ氏と水の祭祀;「弥勒寺」とのかかわり)
第5章 地方豪族から律令官人へ(浮かびあがる「弥勒寺」建立前後の歴史;律令制を見える形に;弥勒寺の法灯)

著者等紹介

田中弘志[タナカヒロシ]
1962年生まれ。1990年岡山大学大学院文学研究科史学専攻(考古学)修了。岐阜県高等学校教諭を経て、1996年関市教育委員会文化課。現在、関市文化財保護センター課長補佐(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うしうし

2
美濃国武義郡衙である弥勒寺遺跡群(岐阜県関市)に関する書籍。法起寺式伽藍配置で川原寺式瓦(凸面布目平瓦も)をもつ弥勒寺と正倉院や整然とした建物配置をとる郡庁院が特徴。飛鳥・白鳳時代には弥勒寺(当時の呼称は「大寺」)を造営したムゲツ(身毛)氏の居館、奈良・平安時代には郡衙となる。2017/12/13

rbyawa

1
f165、美濃の武義郡(むぎ)という地域にあった弥勒寺を従えた行政機関に近い遺跡の本なのですが、どうもこの武義郡というところから特別な地位だったようで、のちの美濃国の国府にも酷似した構造を持っているらしく、さらにその構造は陸奥の多賀柵(のちの城、防衛拠点)や大宰府に近いものだとか…最前線だよなぁ? ただあれ、国衙だとわりと建物の大きさがばらついてるので確かに雰囲気は違うよね、行政機能があると建物の大きさ変わってくるよね。周囲からも武義郡が微妙に特別扱いだったことも察せられる、研究が進展するのが楽しみです。2015/06/29

scarecrowinjp

0
岐阜県関市の弥勒寺遺跡群。律令制下の郡衙遺跡。長良川の屈曲部に位置し、東と南が川で背後が山という天然の要害。古代大和王権と結びついた美濃国の豪族の拠点であったと推定される。地方豪族が律令官人へと成長していく過程が建物跡から窺える。現在は史跡公園として整備されている。2022/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1782944
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。