クルド人のまち―イランに暮らす国なき民

個数:

クルド人のまち―イランに暮らす国なき民

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787708205
  • NDC分類 292.63
  • Cコード C0036

内容説明

国境で分断された土地クルディスタンに暮らす中東の先住民族クルド人。歴史に翻弄され続けた彼の地を繰り返し訪ねる写真家が、痛ましい現実のなかでも矜持をもって日々を大切に生きる人びとの姿を丹念に描き出す。

目次

プロローグ あたらしい旅
1 彼らの辿った路
2 往古を語る境界の地
3 幻の「マハバド共和国」
4 アスコールの物語
5 移ろう時の波間に
6 国境の町
7 遊牧の民と部族の横顔
8 アフワンの旅
エピローグ ジンの子供たち

著者等紹介

松浦範子[マツウラノリコ]
千葉県生まれ。武蔵野音楽大学音楽学部卒業。高校教師、会社員を経て、現在フォトグラファー。トルコ、イラン、イラク、シリアのクルディスタンを繰り返し訪問し、新聞、雑誌などで写真と文章を発表するほか、講演活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ののまる

10
日本でのクルド人難民の苦境や、ISと闘う世界最大の少数民族クルド人、クルディスタンなど時事問題でわかったつもりになっていたクルドだけども、こうして彼らの日常を初めて知る。しかし、トルコでの迫害もすごいけれども、イランでもそうなんだな。2020/02/18

犬養三千代

6
何故なぜ何故?いきなりトルコに行って、さっそく旅に出て、その時のバスの運転手さんの家に宿泊??という前提が摩訶不思議。クルド人の生活様々な人との出会いは何故?2020/06/17

shiggy

3
面白い本だった。クルド人の事はあまり知らなかったし、中東と言えば、どうしてもパレスチナやイラクの戦争に興味が行ってしまうので、名前は知っていたけど、どういう人たちなのかはほとんど知らなかった。とても勉強になったし、この著者にも興味を持った。他の作品も読んでみたいと思う。2014/11/14

あきら

1
これまで、まったく知らなかったクルドのこと。 この1冊でだいぶ近づける気が…する。 もちろんそれは、 錯覚でしかないのだが、 この1冊に書かれていることは、 ほとんど世界が知らないこと。 知らされていないこと。 いや、知ってて、黙認されていることだ。 クルド人は、 国を持たない世界最大の民族である。 元々その地に住んでいたというだけで、 勝手に国境が引かれ、 国ができてしまった。 トルコ、イラン、イラク、シリアにまたがる、 クルド人の住む地、クルディスタン。 作者としてはト2009/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/106400

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。