地産地消の経済学―生命系の世界からみた環境と経済

個数:

地産地消の経済学―生命系の世界からみた環境と経済

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 16時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 265p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787708069
  • NDC分類 611.46
  • Cコード C1036

出版社内容情報

地球温暖化や輸入冷凍食品による食中毒事件が示しているように、食べもののグローバルな生産─消費は見直しを迫られている。環境への付加を考慮した環境経済学からさらに、その土地で作ったものをその土地で食し排泄物をその土地へ返す「地産地消の経済学」への転換を提唱する。

内容説明

「その土地で採れたものをその土地で食べる」食の原点であり、人類が永い間生きるために行ってきた営みから、21世紀の「環境と経済の学」を構想する。

目次

生命系の世界からみた環境と経済
1 生産地と消費地が直結する世界(今なぜ、地産地消か;地産地消の実践;市場経済志向からの脱出と「地産地消の経済学」)
2 環境と経済の世界(市場経済と環境と経済;生命系の世界とマルクスの環境思想;水と土と循環型社会)
3 自然と共に生きる世界(水田の水利用と土地利用;自然と土にふれる生活;ため池再発見)
再び、生命系の世界からみた環境と経済

著者等紹介

池本廣希[イケモトヒロキ]
兵庫大学経済情報学部教授。専門、環境経済学、農業経済学、食料経済。1947年、鳥取県倉吉市生まれ。九州大学大学院農政経済学科博士課程単位取得修了。千歯扱き発案者の末裔。大学院生の頃、保田茂先生に連れ立ってテントを担いで全国の有機農業の実践農家を訪問した。目下、兵庫大学ため池研究員を兼ね、ため池を中心とした地域問題、米問題、環境問題、食の安全・安心の問題等にかかわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るりさん

0
既存の経済学的視点からではなく、新しい視点を提供することで、地産地消を評価しようとする本。地産地消とは何か、その意義、最初に唱えられ始めた際の文脈などが基本的なことごわかる。2015/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/602940

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。