シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月21日 05時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787706324
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

北部九州では最大、最古の前方後円墳、豊前石塚山古墳。その被葬者はヤマト政権と密接なかかわりをもち、大陸へのルートを確保する役割を担っていた。筑紫政権下からヤマト政権下へと組み込まれてゆく北部九州の姿を古墳と副葬された三角縁神獣鏡から解き明かす。

目次

第1章 豊前の初期前方後円墳(周防灘を望む地;畿内文化の特徴をもった古墳)
第2章 石塚山古墳を掘る(歴史に翻弄された古墳;竪穴式石槨の発掘 ほか)
第3章 七面の三角縁神獣鏡(出土鏡の型式と編年;配布と同笵鏡の分有 ほか)
第4章 前方後円墳の意味するもの(最古の前方後円墳の特徴;前方後円墳創出の背景 ほか)
第5章 筑紫政権からヤマト政権へ(筑紫連合政権の盛衰;ヤマト政権の台頭 ほか)

著者等紹介

長嶺正秀[ナガミネマサヒデ]
1951年、島根県生まれ。現在、苅田町教育委員会での埋蔵文化財行政(石塚山古墳、松山古墳群、松山城跡、等覚寺修験道遺跡群、岩屋古墳群、近衛ヶ丘遺跡などの調査、報告書刊行)を担当。但し、2002~05年の間は、苅田町合併50周年記念誌の編集・執筆に従事。1975~87年までは、京都平野の主要な遺跡や古墳(竹並遺跡、前田山遺跡、下稗田遺跡、八雷古墳など)の調査と報告書の刊行に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件