差別と抵抗の現象学―在日朝鮮人の“経験”を基点に

個数:
  • ポイントキャンペーン

差別と抵抗の現象学―在日朝鮮人の“経験”を基点に

  • 郭 基煥【著】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 新泉社(2006/06発売)
  • 読書週間 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 64pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 267,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787706003
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C1010

目次

差別の哲学的人間学的問い
第1部 被差別体験の生成―差別されるとはいかなる経験か(被差別体験の生成;被差別体験と「解放の指針」;被差別体験の意味―『変身』から)
第2部 差別行為の生成―そもそもなぜ差別をするのか(他者と社会の超越と差別行為;差別行為と世界のリアリティ;よそ者になることへの「不安」)
第3部 責任としての抵抗―差別に立ち向かうとはどういうことか(差別の“今、ここ”―「北朝鮮」と在日朝鮮人;責任としての“抵抗”―“対決”へ促す「声」;“ハン(恨)”と共に―李良枝の小説から)
差別と抵抗の“ひそやかな関係”―「救済」としての抵抗
回帰する過去と回帰しない過去―在日が在日に向かって語るとき
事実的異邦人から倫理的異邦人へ―未来の住人としての在日朝鮮人
日本と他者と公共性―痛む者に向き合う実践

著者等紹介

郭基煥[カクキカン]
1967年愛知県一宮市に生まれる。2002年名古屋大学大学院国際開発研究科(国際コミュニケーション専攻)博士後期課程満了。2005年学術博士号取得。現在、愛知大学ほか非常勤講師。専攻、差別論、現象学的社会学、国際コミュニケーション論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。