シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 縄文のイエとムラの風景―御所野遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
縄文のイエとムラの風景―御所野遺跡

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年09月27日 15時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787705358
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

岩手県北部の内陸地方、クリ・コナラなどの樹木にかこまれ、縄文の世界をほうふつとさせる高台に御所野遺跡はある。焼失住居跡の調査による土屋根住居の復原、竪穴住居群の有機的関連を考慮した縄文ムラの復原などをとおして、縄文の風景をよみがえらせる。

目次

第1章 御所野縄文公園への招待(御所野縄文ワールド;復原された縄文ムラ)
第2章 御所野遺跡の発見と保存(北の山間地の縄文遺跡群;姿をあらわした縄文集落 ほか)
第3章 御所野縄文集落を解読する(遺跡の環境とムラの構成;ストーンサークルのある中央ムラ ほか)
第4章 土屋根住居の復原実験(竪穴住居は土屋根だった;土屋根住居の焼失実験 ほか)
第5章 よみがえる北の縄文ムラ(縄文ムラの四季;縄文ムラを支える人たち)

著者等紹介

高田和徳[タカダカズノリ]
1949年岩手県生まれ。1973年明治大学文学部史学地理学科卒業。岩手県教育委員会文化課で東北縦貫自動車道関連、国道4号二戸バイパス関連などの発掘調査に従事、1976年から一戸町教育委員会に所属。一戸バイパス関係遺跡や一戸城跡、上野遺跡、御所野遺跡、田中遺跡、大平遺跡などの調査に従事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

1
御所野縄文で購入。最初に発見と保存なのはこのシリーズのだいたい一緒。村の復元が中心の内容。土屋根住居の復元と、焼失実験が面白い。土屋根住居内の湿度と気温の結果も見たかった。復元に石斧を作って試してみるのも面白い。蛇紋岩と凝灰岩が石斧に向いてるらしいけど、あの周辺で蛇紋岩が取れるのか興味がある。2021/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/650095

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。