ネパールに生きる―揺れる王国の人びと

個数:

ネパールに生きる―揺れる王国の人びと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月29日 07時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787704122
  • NDC分類 302.258
  • Cコード C0036

内容説明

ヒマラヤの美しい大自然に囲まれたのどかな暮らし―。そんなイメージとは裏腹に、反政府武装組織マオイスト(ネパール共産党毛沢東主義派)との内戦状態が続き、王国は大きく揺らいでいる。ネパールに通い続ける写真家が、軋みのなかに生きる民衆の等身大の姿を内側から丹念に活写。10年間の取材を集大成した、珠玉のフォト・ノンフィクション。

目次

プロローグ ヒマラヤの向こうへ
児童労働 こどもたちの現実
王宮事件 見えざる王室の闇
マオイスト(銃を取る若者たち;出口なき混迷)
グルカ兵 忘れられた兵士たち
アウトカースト・バディ 逃れられない宿命
エイズ 日常に潜む影
東電OL殺人事件 夫の無実を信じて

著者等紹介

八木沢高明[ヤギサワタカアキ]
1972年、神奈川県生まれ。写真週刊誌カメラマンを経て、現在フリー。1994年よりネパールに通い、児童労働、マオイスト、グルカ兵など、社会問題を中心に取材を続けている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

★★★★★

1
著者はネパールの社会問題を中心に取材するフォト・ジャーナリスト。児童労働問題やマオイストと政府の間の果てしない武装闘争など、現代ネパールの暗部をめぐるルポルタージュです。個人的には、アカデミックな資料にはなかなか出てこない売春カーストについての記事に興味を感じました。2009/12/13

カネコ

0
2012/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/297332

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。