大阪経済大学研究叢書<br> マルクスと哲学―方法としてのマルクス再読

個数:

大阪経済大学研究叢書
マルクスと哲学―方法としてのマルクス再読

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年05月18日 02時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 535,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787704009
  • NDC分類 134.5
  • Cコード C1010

内容説明

21世紀の現実に対する思想の通路をラディカルに再敷設するために―。哲学に対するマルクスの関係を系統立てて読み解くなかで、「マルクス主義哲学」の鎧を取り除き、彼の思想が持つ現代的意味と未来へとつなぐ途を考察する。

目次

第1章 哲学・哲学に対するマルクスの関係―四つの基本モデル
第2章 意識・マルクス意識論の端初規定
第3章 構想力・解放論的構想力と実在的可能性
第4章 唯物論・「哲学の“外への”転回」の途上で―前―唯物論期マルクスの唯物論理解
第5章 移行1・唯物論へのマルクスの移行
第6章 移行2・パリ期マルクスと仏英の唯物論的共産主義
第7章 批判・マルクスと「批判的唯物論的社会主義」
第8章 物件化・唯物論批判の論理と「物件化」
第9章 国家・マルクス国家論の端初規定
補論1 エンゲルス・エンゲルスによる「哲学の根本問題」導入の経緯―シュタルケとエンゲルスの『フォイエルバッハ論』
補論2 国家哲学・東ドイツ哲学の歴史的検証

著者等紹介

田畑稔[タバタミノル]
1942年大阪市に生まれる。大阪大学大学院文学研究科博士課程哲学哲学史専攻単位取得退学。富山大学教養部助教授(哲学担当)、広島経済大学経済学部教授(倫理学担当)を経て、2002年から大阪経済大学人間科学部教授(人間論、哲学担当)。専門はドイツ哲学およびマルクスの研究。近年のテーマとしては「アソシエーション革命」「日常生活世界の哲学」「人類史再考」「人間科学の新展開」など。季報『唯物論研究』編集長、大阪哲学学校参与、21世紀研究会代表世話人
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mt. G

0
「マルクス“の”哲学」ではなく、「マルクス“と”哲学」との関係について述べた本。ぜひ植村邦彦『マルクスのアクチュアリティ』と一緒に読みましょう。こういう本がもっと増えてほしい。2015/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2163279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。