罪なきものの虐殺―動物実験全廃論 (新版)

個数:

罪なきものの虐殺―動物実験全廃論 (新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 05時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 377,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787702050
  • NDC分類 480.79
  • Cコード C0036

内容説明

私たちの知らない密室で、残虐で非科学的な実験が、日々繰り返されている。欧米の厖大な医学雑誌・新聞記事から資料を収集し、動物実験がいかに無意味で医療と薬品開発の方向を誤らせているかを明らかにした名著。

目次

第1章 科学か狂気か?
第2章 声なきもの
第3章 証拠
第4章 事実と幻想
第5章 新しい宗教
第6章 生化学のベルナール主義
第7章 人間性喪失
第8章 反逆
第9章 因果応報
第10章 結論

著者等紹介

荒木敏彦[アラキトシヒコ]
1927年生まれ。東京大学文学部英文科卒業。1993年、成蹊大学法学部教授を定年退職、現在に至る

戸田清[トダキヨシ]
1956年大阪府生まれ。大阪府立大学、東京大学で獣医学を、一橋大学で社会学を学ぶ。日本消費者連盟事務局、都留文科大学ほか非常勤講師を経て、1997年から長崎大学環境科学部助教授(科学史、環境社会学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。