リグ・ヴェーダの智慧―アニミズムの深化のために

個数:

リグ・ヴェーダの智慧―アニミズムの深化のために

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787701800
  • NDC分類 126.2
  • Cコード C0010

内容説明

世界中で、生き物が消えつつある。陸でも海でも静かに砂漠化が進行している。二十五年間、屋久島の自然の中で、生きとし生けるものの微かな、ある時は荒々しい力=アニマを感受してきた山尾三省の思索の結晶。

目次

自然神達の息吹
暁紅の女神ウシャス
夜の暗黒を失った時代
夜の女神ラートリー
大陽神スーリア
自然現象という叡知
光明という神サヴィトリ
雨の神パルジャニア
理性の激震
荒々しい雨の神〔ほか〕

著者等紹介

山尾三省[ヤマオサンセイ]
1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。67年、「部族」と称する対抗文化コミューン運動を起こす。73年、インド・ネパールの聖地を1年間巡礼。75年、東京・西荻窪のホビット村の創立に参加、無農薬野菜の販売を手がける。77年、家族と共に屋久島の廃村に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続け、今日に至る
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。