奴隷の文学誌―声と文字の相克をたどる

個数:

奴隷の文学誌―声と文字の相克をたどる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月15日 23時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 328p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787292483
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C0095

内容説明

法律で読み書きが禁止されていた奴隷制以来、アフリカン・アメリカンにとって識字を得ることは自由と同義だった―。南北戦争前夜と一九三〇年代の奴隷体験記を歴史的・社会的に読み解き、二十世紀後半のアフリカン・アメリカンの文学をたどって、声と文字の緊張関係から文学の可能性を問う。

目次

第1部 声から文字へ(十九世紀の奴隷体験記(読み書き禁止法というトラウマ;演説が活字になる過程 ほか)
二十世紀の連邦作家計画スレイヴ・ナラティヴ(ニューディール政策による連邦作家計画;ガイドブック ほか))
第2部 文字から声へ(ラルフ・エリスンとヴァナキュラーな声(十九世紀奴隷体験記と『見えない人間』;リテラシーと自由の神話 ほか)
アーネスト・J.ゲインズと復活した奴隷たちの声(新・奴隷体験記;再燃した奴隷体験記の代筆の問題 ほか)
トニ・モリスン作品の声と文字の問題(『ソロモンの歌』の奇妙な名前をめぐる描写;ユニークな名前に隠された意味 ほか))

著者等紹介

峯真依子[ミネマイコ]
1974年、大分県生まれ。中央学院大学現代教養学部助教。専攻はアメリカ文学・文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ボブ・ディランやトニ・モリスンのノーベル文学賞受賞によって、声としての文学が再評価されつつある。本書は、文学と声の関係性を問い直すために、奴隷体験記から現代作家にいたるアフリカン・アメリカン文学の150年を描き出す。



法律で読み書きが禁止されるという体験を強いられた奴隷制以来、アフリカン・アメリカンにとって識字を得ることは自由と同義だった。南北戦争と1930年代のニューディール期の奴隷体験記を歴史的・社会的な視点から読み解き、文字文化の重要性を浮き彫りにする。



そのうえで、20世紀後半のアフリカン・アメリカンの文学を丁寧にたどり、現代の作家たちが元奴隷の声を文学として「いま」にどうよみがえらせてきたのかを明らかにして、今日的な文学の可能性をも照らし出す。

峯 真依子[ミネ マイコ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件