まるごと三味線の本

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

まるごと三味線の本

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月06日 14時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 328p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787272775
  • NDC分類 768.11
  • Cコード C0073

内容説明

伝統音楽の様々な三味線、津軽三味線、沖縄の三線、西洋音楽に越境する三味線…。三味線の渡来・普及・分化、青森から沖縄まで各地の三味線紀行、演奏や鑑賞のコツ、素材や製造法、名器などを解説。この一冊で三味線がわかる。

目次

第1章 三味線のいま
第2章 三味線の音
第3章 越境する三味線
第4章 日本全国三味線紀行
第5章 三味線を演奏してみる
第6章 三味線演奏を鑑賞してみる
第7章 ハードウェアとしての三味線
第8章 三味線の魅力とこれから

著者等紹介

田中悠美子[タナカユミコ]
義太夫三味線演奏家、元・兵庫教育大学准教授。1990年度芸術選奨文部大臣新人賞受賞。2006年ACCグランティー、08年度文化庁新進芸術家海外留学特別派遣

野川美穂子[ノガワミホコ]
東京藝術大学、東海大学、武蔵野音楽大学ほか講師

配川美加[ハイカワミカ]
東京藝術大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れみ

75
夏に受験する試験の楽理問題の参考のために。必要なのは楽器の構造や呼び名、調弦の呼び方などほんの一部だったけど、ついでに楽器や三味線の音楽の歴史と変遷についてもひととおりざざっと読んだなかで…種目ごとに区別されあまり交わらないところから近年は色々なジャンルとも交わるようになったという印象があったけどずっと昔には色々な種目に通じた奏者の人もいっぱいいたのが特定の種目に特化して修行するようになっていった経緯があったところが興味深かった。確かに日本人って一つの道をまっすぐ高いところまで極めるのとか好きだよね。2017/03/28

まめはち

0
2008年12月国立劇場での『遠山桜天保日記』の復活上演についての記載あり(p188)。 見たかったのでこのページだけでも儲けもの。 1896年(明治29年)初演 影囃子に使用した三味線音楽 2,4幕目 端唄「嘘と誠」「さんさ時雨」「新内流し」 5幕「新潟おけさ」「相川音頭」2019/07/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/314481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。