ソーシャルメディア論―つながりを再設計する

個数:

ソーシャルメディア論―つながりを再設計する

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787233912
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C0036

内容説明

ありそうでなかった「ソーシャルメディア論」の教科書。「ネットは恐ろしい」で終わらせず、無責任な未来像を描くのでもなく、ソーシャルメディアを使いこなし、よりよい社会をつくっていくための15章。

目次

第1部 歴史を知る(歴史―ソーシャルメディア社会の誕生;技術―技術的に可能なオープンプライバシー社会とその功罪;法―ソーシャルメディア時代の制度はどうあるべきか)
第2部 現在を知る(ニュースメディア―「ネットニュース」は公共性を保てるか;広告―「ルール間の摩擦」が生む問題;政治―すれ違う政治と有権者、理想なきインターネット選挙の解禁;キャンペーン―ソーシャルメディア社会の透明な動員;都市―都市の自由を我々が維持するために;権利―つながりが生み出す侵害の連鎖;モノ―「あらゆるモノがつながる社会」のメリットとデメリット)
第3部 未来を考える(メディア―都市と地方をつなぎ直す;共同規制―ルールは誰が作るのか;システム―システムで新たなつながりを作る;教育―「発信者」としての大学生はどうあるべきか;人―「別の顔」を制度化する)

著者等紹介

藤代裕之[フジシロヒロユキ]
1973年、徳島県生まれ。ジャーナリスト、法政大学社会学部准教授。専攻はソーシャルメディア論、ジャーナリズム論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件